« August 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

先週は何だか疲れた

毎度、日曜深夜に記事ぶち込みになってしまった今日この頃。
特に先週は、(サービス)残業が多くて、視聴アニメは土日で消化しました。(まだ1本残ってる)『コードギアス』も観るには観たのですが、もう一回見直して書きたい所なんで、今回の記事投下に入ってません。
・・・時間あるかなぁ?

そうそう、先週は色々と発売日があったので、買いに行ったのもあり余計に時間が無かったのですよ。こっちほとんどの店、夜8時には閉まるのですよ。CDいっぱい買ってもうた・・・。
プレイする時間も無いクセに『うたわれるもの』購入!初回限定版を予約してたモノですから、スゴイコトになりました・・・。
心の第一声「うぁっ!!でかっ!!」。
購入者なら理解していただけると。(笑)

あと、土日は姪っ子が来襲しました。まあ、ほとんど相手をするわけでもないのですが、やはり普段とは違うのです。『Loco Roco』にハメました。(笑)

今週は、余裕少しはあるといいなぁ・・・。(希望)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ネギま!?』 #4「先生・・・・・・・私。初めてなんです・・・・・・」byのどか

今回から、本編でありオリジナル展開になるのですよね?プロローグと比べ、質が落ちるとの意見をいくつか見かけたのですが、私はそこまで思いませんでした。
まあ、初回からフルスロットルで行かなくてもいいだろってトコロで。

新キャラのシチミとモツ。特にモツの台詞回しが妙にツボにはまりましたよ。良い意味で。(笑)

今回、のどかが仮契約したけど、全く役に立てずでちょい可哀相でした。仮契約のキスが長すぎるとの意見もよくみかけましたが、初めてだから止めるタイミングが分からなかったのでは?(結婚式のビデオで撮られる時もそんならしい)

前回の感想でチュパカブラの事書いたんですけど、本当に出張りそうです。でも「バカレンジャー」が無くなってしまったので、嬉しいような悲しいような・・・。ピンク、不遇のままだよ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

『Kanon』 第4話「休日の奇想曲~caprice~」

いや~、今回遂に出た!真琴のイタズラ!
祐一へ仕返しをコンニャクで仕掛けようとするも見事に返り討ち。ナマのコンニャク食べさせられるは、夜食は食べないといけない状況に祐一にもっていかれるしで完璧な負けです。これでこそ真琴!・・・そう、これがあるからこそ彼女の後半エピソードは泣けてくるんですよ。

で、その前にあった祐一が夢に見る回想シーン。ちびあゆの仕草が可愛いこと可愛いこと。でもちび名雪の「うそつき」は、物凄く重く聞こえましたわ。その前のあゆとの約束があるからよけいに。

名雪の部長さん姿が出ました!ゲームだと体操服で出ただけだったので、何だか嬉しかったです。普段はおっとりな彼女ですが、周りによく気を使う優しい娘です。だからこそ部長が出来るんでしょうけど。

帰宅途中で現れたあゆ。やっぱり転んじゃうのね。(笑)初対面の秋子さん、あゆの名前を聞いて妙な反応。もちろん伏線なので、覚えておいて損は無いです。
あゆと真琴を交えて、引越し荷物の整理と相成りましたが、二人ともドジっぷりを披露してます。お約束ですけど。(笑)
真琴は、祐一に対してはやりたい放題の言いたい放題ですが、他の人には必要以上に警戒心を持ってるのが今回よく出てました。打ち解けたかと思われたあゆにも、完全には打ち解けておらずお手伝い後のお茶には顔も出さずで。帰るあゆとの手の振り合いは、ためらいがちから、嬉しそうな表情に変化する様が二人とも可愛かったです。

今回もラストは、舞。夜の学校、月明かりに浮かび上がる姿は、幻想的でとてもキレイでした。今度こそ、次回から本格登場ですね!彼女は、見た目とのギャップが良いキャラなのでそのへんが楽しみなのです!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『あさっての方向。』 第2話「すれちがい」

この作品、心理描写がとても丁寧で面白いのですが、記事と言うか感想が結構書きにくいです。

今回は、大人になってしまったからだと、子供になってしまった椒子の状況がメインだったのですが、二人の対比がよく出ています。
自分に起こった事実が受け入られず、ただ泣き続けるからだ。そんなからだがいる事もあるし、本当なら泣くか錯乱するかしたい所だろうけど、現状を取りあえず受け入れる椒子。
でも、椒子がイラつきを感じているのは、ちゃんと表されてるんですよね。煙草を手にしようとするも、空でくしゃっとさせるあたりの描写が。
ラスト、尋に遭遇するも二人とも、二人だとは気付いてもらえず、その事に傷つく二人。中身は子供のままだから、打ちひしがれた様子がそのまま出るからだと、表には出さない椒子。・・・二人とも見てて辛い。

今の所、尋に対する好感度は低いままなのですが、これから名誉挽回するエピソードありますかね。彼、観ていてかなりイラつくのですよ。明確にドコとは言えないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『護くんに女神の祝福を!』 第4話「私だけの王子様」

普段は思いっきり強気で、高圧的な絢子ですが、どんどん弱い所も出てきますね。
強すぎるビアトリス能力は、彼女に淋しい思いばかり与え続けてたみたいで。だからこそ、護とラブラブやって欲しいですね。まず人の事を思いやる子だから、絢子の淋しい心を暖めてあげて欲しい・・・。ですけど、周りがなぁ。(笑)

今回、文化祭の演劇にピンチヒッターとして出る事になった二人のお話。
二人とも意識し過ぎているあたりが、初々しい。が、生徒会メンバーはからかい過ぎっ!絢子の乙女心をボロボロにしてどうしますかっ!

最初のあたりから、絢子がくしゃみをしていたので今回のラストは予想ついてましたが・・・。やっぱり倒れちゃいました。護と一緒なのもあって無理したのと、雨にうたれたのが悪かったようで。

しかし・・・、毎回パンツ見せますね、このアニメ・・・。パンチラ越して、パンモロです。う~ん・・・、何か興ざめする。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『家庭教師ヒットマン REBORN!』 標的2「ジ・エンド・オブ学校」

前回の一件で、クラスメイトからも見直されたツナ。かなりいい気になっていたところ、球技大会のバレーに急遽出場となったのですが・・・。
「死ぬ気弾」に頼る気だったけど、いい気になっている状態だと後悔も何もないからただ死ぬだけとリボーンに言われ、早速逃げようとする辺りヘタレっぷり変わらず。
しかし、リボーンからの言葉に試合に出る気にはなったのですが(赤子に諭されんな・・・)、やっぱりボロボロ。基本的に根性無しな所に問題有りですな。
でも、自分の甘さに気付いたあたり確実に変化は起きているようです。さすが少年マンガです!
今回、登場の弾は「ジャンプ弾」。ジャンプ力を与えてくれる弾のおかげで大活躍!・・・股間ブロックって・・・。(笑)

前回もちらっと出て、今回転校生で出た獄寺に襲われるも、「死ぬ気弾」のおかげで勝利。しかも獄寺も助けた事により、すっかり懐かれ、マフィアのボスとして着実に育てられてます。良いのか?

しかし、カタギの山本を巻き込んでも良いのでしょうか?彼、ただの遊びと思ってますが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夜明け前より瑠璃色な-Creseent Love-』 第4話「戦う!お姫様」

3話で、伝説(笑)を作ってしまったこの作品。4話で完全にお笑いに行ってしまいました・・・。作画は普通でしたけど。
『インディー・ジョーンズ』ネタに『ランボー』ネタかいっ!『仮面ノリダー』も入ってたな・・・。懐かしい。

結局は、一人で何でも抱え込んでしまうフィーナに対し、もっと周りに頼っても良いのでは?と、達哉が諭す話なんですけどね。
でもね・・・、フィーナは実はおばかさんじゃないかと思うエピソードですよ。とても聡明には思えないって。(笑)世間知らずをクローズアップさせる為だったのかしら?
しかし、ゴキブリであそこまでの状況になるもんですかねぇ・・・。麻衣なんて、ラストまでコワレっぱなしだし。家事担当だったらイヤでも遭遇するだろうに。

ゲームの売上にひびくんじゃないかと思ってしまう今日この頃。まだしばらくこのノリ続きそうだなぁ・・・。視聴どうしよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『D.Gray-man』 第3話「マテールの亡霊」

前回、最悪の出会いだったアレンと神田の二人での仕事となりました。

神田は、元から敵を作りやすい性格みたいですね。いちいち喧嘩売るような口調ですからね~、アレンとの食堂での険悪っぷりは笑えました。燃えたぎってるよ・・・、二人。しっかし、アレンの意外な大食っぷりには驚きました。すぐ呼ばれたけど、ちゃんと食べれたのかしら?

仕事でも対立しっぱなし。良く言えば、合理主義の神田にはアレンが甘っちょろく見えてしょうがないようです。でも、それがアレンたる所以でしょうから。
しかし、言うだけあって神田は相当実力があるようですね。踏んだ場数が違うのもあるんでしょうけど。
イノセンス発動シーンが、カッコイイのなんの!日本人だからか和風の曲が、更なる相乗効果でゾクゾクしました~。(日本刀好きなんです)
アレンも善戦するも、アクマがレベルアップで思いっきりピンチ!で終わってしまいました。
神田は仕事優先で、とっとと見捨ててるし~。しかも、絶対に勝てないと言い切るし~。
頑張れ!アレン!!頑張る子は応援したくなるヨ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『天保異聞 妖奇士』 説二「山の神堕ちて」

ただでさえ、一週遅れの放映なのに更に遅れてるけど書いてみる。
一話視聴時点、どうか?とも思ったのですが、やっぱり面白いですね。うん。

今回で事の真相と決着が着くわけなのですが・・・、央太の父親って・・・その、娘を喰らったワケですよね?まあ、人道的な問題ではっきりとは出てないですけど。それで、味をしめて息子まで・・・。うぁーっ!
今後も、この手の妖夷と、人の欲と言うか煩悩が組み合わさった話になって行くのでしょうか?もっとキッツイ設定とか出てくるんでしょうか?ある意味でテレビの限界に挑戦ですね。

結局、往壓は、異界から逃げていると言うより、異界に惹かれる自分から逃げているって事でいいのかな?
今回は、漢神の力で妖夷を倒しましたが、まだ奇士になると決めたワケでも無さそうです。でも、逃げ切れないなら真っ向から迎え撃たねば!
次回は、もっとアクション的見せ場も多そうなので、楽しみ。

それにつけても、雲七って何者?狂言回しだろうけど、人間じゃないですよね?宰蔵には見えてなかったし。そのへんも、後々わかるのでしょうかね?最後の最後で正体わかるのもまた良しですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『護くんに女神の祝福を!』 第3話「青春のかくれんぼ」

生徒会メンバーは、面白がってやってるのでしょうが、絢子と護にはいい迷惑ですねぇ。
垂れ幕で、正式交際を発表するは、告白の音声を校内放送で流すは、隠し撮り写真は売るは(これはいつもか)破局させたいのだろうか?(笑)

それにしても、絢子の護に対しての乙女の純情っぷりが可愛いです。(自室もすごい乙女っぷりでしたな)お迎えに来てくれるし、豪華な手作り弁当も用意するし。護の母親と妹の驚きっぷりと言うか、コワレっぷりはすごかった・・・。まあ、普通の子と思っていた息子に、いきなり美人でお金持ちな彼女が出来たら驚いて仕方ないですか。

生徒会メンバーの陰謀による、絢子邸にでのかくれんぼ。見つかったら、全校生徒の前でキスと言うロマンもへったくれも無い要求が・・・。なので、例え見つかっても絢子がブッ飛ばしてましたが・・・。生徒会メンバーはマゾ集団なのだろうか・・・。
まあ、彼らのお遊びとおせっかいのおかげで、また一歩親密にはなれた二人ですけど、プライバシーも何も無いですな。
でも、絢子の両親との辛い記憶は、よく超能力モノでもある内容ではあるけど、実の親に化物扱いを受けたってのはキツイです。でも、それを受け止める護も、身体はちっさいですが男の子ですね~。

二人のラブラブを、応援しているんだか邪魔してるんだかわからない生徒会メンバーですが、彼らも絢子の事が好きだからちょっかい出してるのでしょうね。
でも、もう少し二人のロマンチックな雰囲気を大事にしてあげて下さい・・・。可哀相になってくる・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『コードギアス 反逆のルルーシュ』 stage3「偽り の クラス メイト」

今回のメインは、学園生活編。ルルーシュも、ちゃんと年相応の反応するのね。と、何だか一安心した私がいる。(笑)

クロヴィス皇子は、やっぱり殺されちゃいましたね。しかし、ルルーシュ、まだ完全に黒くなりきって無いのですね。自らの手で殺してしまった事を思い返し、嘔吐してましたから。あくまで自嘲気でしたが、いずれは割り切ってこう言う反応すらしなくなって行くのでしょうか?

今回で更にわかった、ルルーシュの現在置かれている立場。ブリタニア時代も、母の身分が高くない為に妬まれて殺されてしまったのですね。その辺り『源氏物語』の桐壺を思わせます。まあ、彼女はいびり殺されたので更に酷いですけど。
現在も学園長の厚意により、身分を偽っての生活。
この状態だと、未来に希望も持てたもんじゃないですよね。国を変えようと政治家や地位のある者になる訳にもいかない。その前に、素性を知られたら最後、今いる友人達全てを失うかもしれない・・・。
そして得た、魔神の力。今は、使用方法を確認中。限定された力だけに、使用方法を誤れば簡単に手詰まりになってしまい、「切り札」と言うには少々心許ない。それをいかに有効活用するか・・・。

で、学園側。カレンが登校してきました。いつ学校を欠席しても良い様に病弱設定で演技している為、普通に登校するだけでかなりストレス溜まってそうです。周りにいる子達も、その演技のせいでお嬢様っぽい子達ばかりだし、それに合わせるのはレジスタンス活動より大変かも?しかも、今回はお色気担当だし。ルルーシュの反応が可愛かったです。まあ、しっかり仕込みもしてる辺り、彼らしいとも言えますが。
ルルーシュとカレンの急接近に、気が気でないシャーリーも可愛いっ!やっぱり、あれは邪魔したんですよね~?ルルーシュはおかげで助かったけど。学園編では、もっと出張って欲しいです。
あと、今回で妹のナナリーも初登場。あの、母親の殺害現場を目撃したせいで、眼が見えなくなっているようです。脚の方も同様でしょうか?とても純粋な少女の様ですが、ルルーシュの妹なだけに彼女にも何かあるのかも?

最後に、ブリタニア側でひた隠しににていた、クロヴィス暗殺を報道。しかも容疑者はスザク。・・・何と言いますか、やたらと白羽の矢を立てられる子ですね。不憫な事この上ない。
でもですよ、たかだか一等兵に皇子が暗殺されたって、帝国の要人警護が全くもってなってないと公言している様な物なのでは?まあ、純血派にとって、新型ナイトメアで活躍したスザクは面白くないので、ついでに消してしまおうってだけなのでしょうけど。

来週は、友の為にルルーシュが動く!さて、お手並み拝見ですね。

そうそう、何となくそうじゃないかなぁと思ってましたが、この作品元々画面16:9みたいですね・・・。DVDのCMがそうだし、今回のライブ映像の文字が切れているあたりが。ああ、16:9バージョンも観たいっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『ネギま!?』 #3「ほー仮契約カードはそうやって使うのか」byエヴァ

はっきり言います、地上波とBSの両方が観れる環境の方は、BSで観た方が良いです。あの画面全部を使用した、画面演出は16:9の比率でこそ生きます!
もう、ホント画面演出観てるだけでも、かなり楽しんでいます。

お話としては・・・、この3話まではプロローグに過ぎなかったのですか・・・。えらい力入れたプロローグですね。
明日菜も、遂に仮契約!まあ、なんてどこかで見た様な変身シーン!(笑)でも、最後のカードと合わせた画面はカッコイイ!こりゃ全員分見たいですわ!しかし、明日菜ほとんど役立たずでしたが・・・。単細胞・・・。燃料切れ起こしてるし。
最後には、エヴァも救われた様で一安心。で、一気に三年生になってしまいました・・・。

何だか、本編より楽しみになってきた「まほら戦隊 バカレンジャー」。ピンクの不遇はいつまで続くのか?あと、声付きで「うぐぅ」を言ってはくれるのか?次回も楽しみだっ!ヲイ
で、チュパカブラは?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『Kanon』 第3話「記憶のない組曲~partita~」

よく、祐一がキョンの様だと賛否両論の意見を見かけますが、今回は銀さんも入ってました。(笑)あの「なぜぇっ!?」ってトコ。

先週、本格登場の謎の少女・沢渡真琴(仮名)。記憶喪失で、唯一覚えている事が、祐一に対する「憎い」と言う気持ちだけとの事で、水瀬家へ転がり込む事になりましたが、そのワリには悲壮感も何も無く、ましてやご厄介になっていると言う遠慮も無くやりたい放題の子供と言うか、本能のみで行動してます。祐一の逆襲場面での、大騒ぎっぷりは見事な野生っぷりでした。大らか過ぎる水瀬一家のおかげで保護されてますが、普通なら叩き出される所です。私なら叩き出します。

真琴がこんなの風なので、二度目の遭遇となった栞は、余計に儚さを感じさせます。祐一の前から立ち去ろうとする際、思わず自分の名前を名乗り、名前を聞こうとしたのは彼女がこのまま消えてしまいそうに思えたからかもしれませんね。私、観ていてやたら儚げに感じてしまったので。笑顔で苗字は言わず、名前だけを名乗りましたが・・・、これがねぇ・・・。まあ、後々分かりますが・・・。実は、彼女のルートの某キャラの行動は、どうしても理解したくなかったり・・・。理解出来ないのでなく、理解したくないのです。

そして、あゆは今回もあゆ。そうとしか言えない。(笑)祐一との「うぐぅ」合戦は、楽しかったです。まあ、からがいがいがありますからね、彼女は。
で、これまたあゆも何かを無くしたのに、それが何か分からないと言う状況。既に、伏線も出てますね。記憶の食い違い、「携帯」を知らない等。まあ、普段の彼女がああですから祐一も特には変に思わなかったみたいですけど。

現時点で、自分を含め三人が記憶が欠落していると言う状況には、流石に不思議に思い出している様です。普通なら10歳くらいだったら、結構記憶に残っている筈ですものね。原作をプレイされていない方は、この辺りを疑問として忘れないでいて下さい。(でも、それぞれ原因は違うんですけど)

ラスト、夜の学校にて剣を持ち何かと戦っているらしい舞の姿。次回から本格的に出てくるようです。あと、真琴の低レベルないたずらも本格始動です。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

『あさっての方向。』 第1話「願い石」

今期、例年に無くアニメ観ているので、これはどうしようか?と、思ったのですが・・・、キャラデザが伊藤郁子さんなのもあり観てみました。『ビックリマン』の作画監督時代からファンなのですよ。(古っ!)

映像・音楽共にキレイで、登場人物の心の動きがちょっとした仕草や表情で出ており、とても丁寧に作られていると感じました。
特に、椒子の感情が画面から伝わってくる事。自分は、彼女の様な経験なんぞ無いのですが、帰ってくると言って、結局捨てていった男への思いを引きずりつつ、新たな生活をしようとした矢先に再会。しかも、妹がいたなんて事も教えてもらえなかった。そして、自分を捨てた原因がその妹の存在だと思うと、大人気無いとわかりつつも、嫌味の一つも言いたくなって仕方無いと言うもの・・・。これは椒子が悪いけど、尋が更に悪い。しかも、あの言い草。私の中の、尋への好感度がこれで下がりまくりました。ええ。
からだは、今のところ良い子過ぎる感じの方が強く、意見は保留で。
ラスト、からだは大人に、椒子は子供へと変化してしまい・・・。これからなのですよね・・・、どうなって行くのか。視聴続行です。

網野姉弟が、良い味出してます。弟の徹充、見かけは大人びてるけど、からだに対しての年相応の行動に好感を持ってしまいました。でも、小学生だけどショタキャラでは無いですな。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『家庭教師ヒットマン REBORN!』 標的1「えぇ!?俺がマフィアの10代目」

BSで開始されたので、まあ、1話だけでもと思い観たのですが・・・、思いの他面白かったです。更に、作画がかなり良いです。(と思ったら『蟲師』で見た名前も・・・)

ダメダメ少年ツナと、赤子のヒットマン・リボーン。あの~、リボーンは本当に人類なのでしょうか?赤子でありながらヒットマンで、口も達者。どのようにしてか不明だけど踵落としまでかますし、眼を開けたまま寝てるし。可愛いけど、謎。
ツナが、ダメダメくんから脱却して行く姿を描いて行くんでしょうね。でも、「死ぬ気弾」あれくらう度にパンツ一丁になってしまうのは、もう当人が慣れるしかないでしょう。まあ、パンツすら履かしてもらえない主人公もいるのですから、パンツあるだけマシでしょう。多分。
学校のアイドル・京子ちゃん。ちょっとズレてるトコもあるようで、外見含めて可愛いです~。
1回だけのつもりだったのですが、期待せずに観たせいかかなり面白かったので、続けて視聴しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『夜明け前より瑠璃色な-Creseent Love-』 第3話「お姫様料理対決!」

・・・今期開始アニメですが、私が視聴している作品は比較的作画良好なモノが多く・・・、故に余計に作画の悪さが目立ちます。あまりに適当に描き過ぎ。キャベツなんて最初、冬瓜かと思いました。もう、1話の頃には戻ってくれないのでしょうか?

社会勉強と言う事で、左門でアルバイトする事になったフィーナ。元々の飲み込みの良さと、美人なのもありお客様にも好評。大口のお客様があると言うワリには、客足は普通だった気がするのは突っ込んじゃいけない事でしょうか?
で、そのまま菜月との料理対決になるのですが、初めての料理で簡単な物とは言え、なかなかの腕前を披露。かたや菜月は「マスターカーボン」の名に恥じぬ腕前を披露で・・・、彼女は何らかの超能力でも所有しているとしか思えない。(笑)
勿論、フィーナの圧勝ですが、誰も食べようともしなかった菜月の炭化した料理を食べる達哉を見て、フィーナは勝利したものの淋しそう。そして翌日、フィーナは朝食を作るも、目玉焼きは黒焦げ。でも、それを嬉しそうに食べる達哉を見て喜ぶフィーナなのでした。が、粗筋で・・・。

う、う~ん。今回はかなりコミカルなお話で、それはそれで良いのですが、作画もあって妙に手抜き感を感じてしまったのが残念ですね。リースは、これで正式登場。もう少しミステリアスに出て欲しかった気も。
ラストの目玉焼きは、アレわざとですかね?達哉出方を試す為の。それはちょっとやだなぁ。
次回も作画はあまり期待出来そうにないし、お話もコメディっぽい感じ。あまりこの状態が続くと切ってしまうかも。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『D.Gray-man』 第2話「黒の教団」

今回、アレンは初めて「黒の教団」本部へ到着するのですが・・・、ここホンマにロンドンかいっ!?と、突っ込まずにはおられない場所にありました。
つか、あのそう動きやすい服とは思えない格好でロッククライミングしていたアレン・・・、エクソシストは体力勝負なんでしょうか?

しかし、到着したはいいが紹介の手紙は遭難してるし、門番には呪いがかけられているせいでアクマと間違われ帰還直後の神田が抜刀してぶった斬られかけるわで散々ですね~。
流石、教団本部なので今後メインで出そうなキャラが出てきだしました。コムイ室長は何だかとってもマッディーそうですが、ちゃんとマトモな事も言う人でした。妹のリナリーは可愛いですねー。ミニスカが眩しいです。面倒見の良いお姉さんタイプですかね?神田はこれまた直情的そうですね。アレンに対しての素っ気無い態度をリナリーは「帰ったばかりだから」とフォロー入れてましたが、素だと思う・・・。

イノセンスの説明とか、今回は固有名詞の説明がメインの話ですね。おかげで、かなりわかり易くなりました。アレンもあまり知らなかった様ですが、あの師匠なら仕方無いとも思えますねぇ。弟子殴ってばっくれますか・・・、そんなにイヤなのか教団本部。
アレンの対アクマ武器であるイノセンスは、寄生型でレアとのこと。しかも威力もかなりありそうな感じですが、メンタル部分とかの影響がモロに出そうな感じです。今後の戦いでそんなシーンありそうですね。
教団本部で、改めて決意したアレン。呪いがかけられていたりと、本人自身謎多そうな子ですが、取りあえず頑張れ!
来週は、最悪な出会いをした神田と行動を共にするようですが・・・、絶対無事に済みそうにないなぁ。難儀な子ですね、アレン君。

ところで、声優さんが『.hack//Roots』(小西さんはゲーム版のG.U.だけど)とかぶりまくってるとは知ってましたが、神田に襲いかかられた時、「あぁ~、あっちと立場逆だ~」とつい思ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『コードギアス 反逆のルルーシュ』 stage2「覚醒 の 白き 戦士」

新番組中、一番手に汗握って観てるのは、この作品になってしまいます。前回は、ルルーシュが力を得ましたが、今回はスザクが力を得る事に。

超常的な力を得たルルーシュ、それは相手を自分の言葉に従わせ、支配する力。力を使用し、まんまとナイトメアをせしめたりと、本当に抜け目が無いです。しかも、アイトメアのレーダー画面をチェスの盤面に見立て、レジスタンスを自分の駒とし帝国軍を迅速に倒して行く。
初の実戦であるにもかかわらず、着実に戦況はルルーシュの思うままに。しかも、帝国軍リーダーであるクロヴィス皇子は、第一印象のままのバカ皇子らしく見事にルルーシュの戦略に嵌ってます。
しかし、いつまでもそう上手く行くわけもなく想定外の駒である、スザク乗り込む実験機体・ランスロットが登場する訳です。(スザクがタラシになってしまいそうな機体名だ)しかし、実験機体って事は、今後搭乗の際に負荷がかかったりとかもありそうな。起動前に拒絶反応の度合いとかも言ってたので、ただの機体じゃなさそうな。誰でも乗れる訳でも無さそうですし。
今までシミュレーターでの経験しか無いとは思えない動きを見せ、次々とレジスタンスの駆るナイトメアを撃破。しかも殺すのでは無く、あくまで戦闘不能にするだけ。
そしてまたここで、お互いをわからぬままルルーシュとスザクが合い見える訳ですが、この時のランスロットの動きが1話のスザクの動きと一緒!これには思わず「うわーっ!」とか言ってしまいますよ。
ここから追跡戦となるのですが、この間も二人の違いが良く出てる。逃げる為に障害物を有効利用しようとするルルーシュと、被害は最小限、しかもこの場面で人助けまでするスザク。(でも、ただ怯えられただけで可哀相だった・・・)
途中、カレンの加勢が無ければ、ルルーシュも危ない所でしたね。そのカレンもあっさりやられちゃいましたが。しかし、ルルーシュもただその場から逃げた訳でなく・・・。
一般の日本人と、レジスタンスが逃げ込んだ倉庫で、正に帝国軍による大虐殺が始まると思った矢先に、クロヴィス皇子からの思わぬ通信・・・。
てっきり、ルルーシュの力で操ったのかと思ってたのですが、そうでは無く銃で脅して言わせていたのですね。根性有りませんねこの皇子様は。
そして、ルルーシュの口から語られるのは・・・。やっぱり先週思った通り、彼はブリタニアの元皇子でした。しかも、皇位継承者としてはかなり上の位置にいると思われるクロヴィスまで「死亡」とて知らされていた・・・。
正に、ルルーシュの「チェックメイト」で終了した今回。次回はきっと・・・、さようならクロヴィス皇子!と、もう言っておきましょうね。ええ。
でも、ルルーシュが皇位継承権第17位って事は、最低でもまだ15人は皇位継承者がいる訳ですよね?次に来るのは、もっと有能な人物でしょうから、一筋縄ではいかないでしょうね。

ルルーシュ、スザク共に力を得た訳ですが、まだやっとスタート地点に立ったばかりと言った所でしょうか?目指すものは同じでも、全く違う道を歩もうとする二人・・・。今後が楽しみです!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『天保異聞 妖奇士』 説一「妖夷、来たる」

こちら一週遅れです。しかも一般的には「土6」とこのアニメ枠は呼ばれるようですが、放映は5時半です・・・。「土5半」?
あまり期待せずに観たのですが、思っていたより面白かったです。
かなり時代考証が正確そうな感じです。浮民の説明もあったりと親切ですが、そのシーンで主人公・往壓がカメラ目線で説明するのはどうかと思いましたが。

まだ、初回なので何ともと言った感じなのが本音ですね。時代物自体はかなり好きな部類なので、ちょんまげの人たちが出る事自体は特に問題無しだったりします。(でもチャンバラ無いの淋しい)
あと、今ひとつ対象としている層がどの辺りなのかもわかりにくいです。特に、広島では前が『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』なので、その視聴者層がそのまま観る事はあまり無さそうな気が。
でも、決してつまらない訳ではないので、視聴は続けるつもりです。
しかし、OPはどうだろうなぁ・・・。う~ん、漢神がブルーインパルスの如く飛ぶのは・・・。まあ、1クールで変わるだろうし慣れるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ネギま!?』 #2「うっそ、仮契約ってそんなこのすんの!」by明日菜

今回から、OPもEDも付きました。OPはモノトーンでクラスメンバーが現れ、やたらカッコイイ!足だけ手だけでも、出席番号があるからそれで判別可能ですね。まだ覚えてないけど。(死)EDはこれまた、少女マンガぽくってやたら可愛らしいですね~。

早々にエヴァとの初の手合わせ。相手が10歳児とあなどり過ぎていた為か、今回は思わぬ反撃に早々に退散でした。次が怖そう・・・。

しっかし、バトルシーン・回想シーンは違うアニメかと思うほどカッコイイです。この落差がまた良いのかしら?
とは言え、日常の学校パートも画面レイアウトが凝っていて、こちらはこちらで面白いです。エヴァの事を高畑先生から聞いている最中、場所移動しては別のコマでクラブ活動をしている各生徒を登場させたりと、こんな所までキャラ立てしようとしてますね。人数が多い分、各キャラに割く時間もあまりないでしょうし、この辺りは上手いやり方なのかも。
ハルナ画のチュパカブラですが、今回はおっさん度が増してます。このままレギュラー化して、どんどんキャラ立ちしたりするのでしょうか?だって妙に味がありすぎる。

バカレンジャーは続くんですね。ピンク、今回も名乗りが切られてる。しかもピンボケ。で、地上波だと画面からも切れてたりするそうで。BSだとちゃんと画面内には入ってるのに・・・。
そうそう、この録画分を観る前に『Kanon』観たおかげで、ピンクが「うぐぅ」って言いそうでなりませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『Kanon』 第2話「雪の中の入祭唱~introit~」

冒頭に挿入される、誰かの現状とも夢ともつかないシーン。原作プレイ済の私には、非常に辛く感じてしまいます・・・。あぁ・・・。

今日から、初登校な祐一。名雪から借りた、思わず深い眠りの底に引き込まれそうな目覚まし時計の音で目覚めます。ゲーム版よりパワーアップしている。(笑)
名雪の朝の弱さっぷりは、アニメでみると更にスゴイですな・・・。そして朝食に登場しましたよ、あの謎ジャムがっ!祐一視界が歪んでる~っ!!やっぱりコワイーっ!!

学校では、特に問題も無く初日は終了。ですが、名雪は祐一が忠告する前に同居の事をクラスメイトにバラしてました・・・。年頃の娘さんなんだから、その辺は考えなさいっ!(笑)ここで、怒った祐一から逃げようとした名雪が階段から足を滑らせ、舞・佐祐理組の上に落っこちてしまう状態に。ここは、本当にただ会っただけでまだ接点らしい接点にもなってません。ただ、評判の良くない舞に対し、名雪はかなり怯えてましたね。
その後、祐一の校内探索。広すぎる校内に、危うく遭難しかけていた所を香里に助けてもらえました。良かったね。きっとあのままだと下校出来ないところでしたよ。しっかし、北川の報われなさっぷりもパワーアップですね。(笑)

下校中、おでんだねのお使いを果たす為商店街に向かうと、またしてもあゆが鯛焼き万引きして逃げてました・・・。しかも逃げすぎて知らない場所に出てしまい、ここでも迷子に。ここでの会話で二人は久々の再会である事が発覚。感動の再会とばかりに抱きつこうとするあゆを、全力で避ける祐一。おかげで木に激突。再会シーン台無し。(笑)
またここで新たな出会い。あゆが木に激突した拍子に、雪が落ちてしまいたまたまそこを歩いていた少女の上に降りかかり、驚いて座り込んでいます。今回、何の名乗りもありませんでしたが栞は、ここから本格登場。散らばった買い物の中に、「アレ」があるかどうか思わず探してしまった私。ちゃんとありました・・・。(未プレイの方後々おわかりになると思いますので、何が落ちていたかよく見てみましょー)
この出会いのおかげで、祐一はまた遭難の難から逃れる事が出来ました。そして、またしても鯛焼き屋のおじさんに謝りに行く事に・・・。

お使いも終わり、スーパーから出た祐一にいきなり襲い掛かる謎の少女!?(って、正体知ってますけど)しかし、へなちょこすぎてほとんどめだか師匠の様です。(笑)頭押さえ込まれて、攻撃当たんないし。
そうこうしている内に、お腹すき過ぎて少女がそのまま気絶と困った状況に。

ここまでは、ほぼゲーム序盤に沿った形でお話進んでいます。登場キャラの仕草が可愛いこと可愛いこと。特に、木に激突したあゆが。コラ
まだ、お話はほんの序盤。伏線もちらほらとは出てますね。
各キャラのルートに分岐する辺りから、どの様にお話を展開していくのかで、この作品の評価は決まってしまうと思われます。
取りあえず、今はまだ楽しい日常を、こちらも楽しむ事にしましょう。次回から、真琴の低レベルなイタズラとそれをことごとくやり込める祐一とのやり取りも始まりますね。これ、かなり楽しみなのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

『護くんに女神の祝福を!』 第2話「アストラル・ファイア奪還作戦」

今回のお話は、絢子の脆さと、護の男らしさが見所でしょうか?

自分が開発した「アストラル・ファイア」が盗まれて、鬼の形相で暴れまくっていた絢子が、護が視界にはいった途端、自分の醜態を見られた事に思わず固まってしまう所は、ありがちだけど可愛かったです。そして生徒会長・・・、あんた一言多すぎるよ。あれだけぶん殴られても元気なあたり、相当打たれ強いみたいで。いや、生徒会メンバー全員か・・・。

生徒会長の指示と言うか、余計なお世話と言うか、奪還に向かう絢子と護。っても最初はデートモードでしたが。初めてのお口アーンも、デバガメ生徒会メンバーのおかげで結局出来ませんでしたね~。絢子、不憫。

しかし、特に問題も無いと思われていた、「アストラル・ファイア」の奪還でしたが、犯人は絢子を逆恨みしていた男で、空間のビアトリスを消され苦戦気味。心配で、結局きてしまった護が人(犬)質に取られていた、友香の飼い犬を庇おうと飛び出した護が逆に狙われてしまい、思わず飛び出した絢子に銃弾が・・・。止めを刺そうとする男を止めようとするも、やられてしまう護。と、ここで護、無意識に相手の体内にあるビアトリスを使い発火させてしまいます。
お約束的展開ではありますが、1話の時点でビアトリス能力がかなり高い事は出てましたし、ここで男を見せないといけない状況だったので、良しとしましょう。
結局、絢子もビアトリスによって肉体強化していた為、怪我も全く問題無しで一件落着。いや、生徒会長が被害甚大か?

護を守るつもりだったのに、それが出来ず自信を無くす絢子に、自分では絢子につりあわないと自信が無かったと言う護。そして、今度は護からのお付き合いの言葉・・・。
見た目は、ちびっ子ですが男だよ!護!!

1話では「どうかな~」って感じが強かったのですが、今回のはなかなか面白かったです。でも絢子は、やっぱり「ツンデレ」では無いと思う。確かに周りには「ツンツン」だけど。護に対し、最初っからあそこまで恋する乙女モードになっていたらねぇ?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『夜明け前より瑠璃色な-Creseent Love-』 第2話「お姫様は優等生!」

今回のお話は、学校へ初登校するフィーナ。そして、普通の女の子としてフィーナと接していた達哉が、彼女の置かれている立場を再認識し、距離を感じそして家族として接していく事をしようとする回でした。

妹の麻衣とは違い、早々に状況に順応する達哉は大物なのか?天然なのか?取りあえず、天然タラシである事は確定のようですが。(笑)制服姿のフィーナに対し、恥ずかしげも無く褒めるモノだから当のフィーナは大テレ、周りは呆れっぱなしで、それに気付きもしてないし。
学校では、最初は距離を思いっきり置いていたクラスメイト達でしたが、物怖じしない翠のおかげもあり、すっかり打ち解けれたみたいです。同居を菜月にバラされた達哉は、男子達に尋問されまくったようですが。無理もない・・・。途中、心配性のミアの乱入もあって、かなり目立ったでしょうな。

しかし、フィーナの今回の留学は公務も込みなので、折角クラスメイトと打ち解けても学校を休まないといけない上、夜遅くまで続くようです。かなりハードですね。まだ、未成年であるお姫様なんですから、深夜まで公務があるのは可哀相な気がします。ミアは、全く同行していないって事は、本当に身の回りのお世話のみなのですね。

そんなフィーナに距離を感じてしまい、自分が何も出来ない事を悩むフィーナに高野のアドバイスが。・・・マトモな事も言えるんですね。相変わらず、変質者に足突っ込んでますが。
家族としてフィーナに接する。その初めとして、深夜に帰宅したフィーナを出迎える達哉。その優しさに、フィーナの疲れも癒された様ですね。最後はお約束と言うか、キスでもするのかと思わせて、例の鼻つまみ。フィーナの心からの笑顔は、とても可愛らしかったです。

2話目にして、作画レベルがガタ落ちしたのでちょっとガッカリしましたが、後半は持ち直しました。前半のままだったら最後の笑顔が絵にならないところでしたよ。他作品が、作画絶好調なだけに、余計に目立ってしまいました。
結構、スタンダードに進んでいるこのお話。観てるとそれなりに面白いんですよね。ちょっとゲーム欲しくなってきましたよ。どうしましょ?12月はただでさえ激戦区だと言うのに。(『Fate/stay night』予約済『ひぐらし』もかなり欲しい)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『D.Gray-man』 第1話「アクマを狩る少年」

今週もまだまだ始まる新番組!こちら原作は知らないに等しいです。(コンビニで1巻の冒頭を立ち読みしただけ・・・)
実は地元テレビ局でも放映されるのですが、二週以上遅れるのでBSにて視聴。ちなみに土曜朝6時。広島のテレビ局は、ジャンプ読者を土日に早起きにさせたいらしいです。

原作の絵柄は線が細い感じなので、アニメになるとどうかな?と、思っておりましたがなかなか良い感じです。デザインワークスが森木さんといったあたり、やたら納得。生態メカなデザインと言えば、この方のお名前が思いついてしまいます。画面は、この時間帯では珍しい16:9ですね。アクションシーンとかが多い作品はこの比率の方が観やすいです。
仮想19世紀との事ですが、世紀末っぽいですね。OPにもミュシャのポスターがあって、「何で?」とか思ったのですが、それで納得。

今回のお話は、これからのお話の説明回と言った感じで、エクソシスト、アクマ、そしてその戦いと大体の要素が入っているのでは?と、思いました。
内容自体は、最後に成仏する描写があったので救われたような気もしますが、多数の警官が死亡とかなり事後が大変そうな結末ではあります。それとアクマ化した奥さんに殺された旦那さん、絶対成仏してそうに無い気が・・・。本当に天国で一緒になれるのか?
今回も、そこそこ崩れ顔のあったアレン君ですが、次週予告では更に崩れまくっていたので、今回の様に思い話では無い様ですね。
千年伯爵は気味悪い存在ですが、滝口さんの声のせいで妙に愛嬌を感じる。と言うか癒されてる自分がいたり。(謎)
取りあえずは、視聴続行の方向で。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『コードギアス 反逆のルルーシュ』 stage1「魔神 が 生まれた日」

まさか、地元テレビ局で放映してくれるとは思いませんでした。しかも特報番組もちゃんとやってくれるなんてっ!(種とかエウレカとかは一切無かった)放映日前日だったけどっ!(笑)

製作者の力の入れようが滲み出てくるような第1話ですね。映像クオリティが高い高い。展開も早いですが、カメラワークや場面転換がテンポよく観ていてぶつ切り感が無い所とか、ナイトメアの動きもスピーディーで、メカ戦が間に入ってもテンポが崩れないのは流石と言った所でしょうか?
CLAMPがキャラ原案と聞いて、う~ん?とか思ってましたが、思っていたより木村さんのカラーが出ていて良い感じです。乳揺れキャラとか出るのかしら?ヲイ すみません、私どうしても「木村貴宏さん=乳の人」な図式が出来上がってて。(死)

他の方の感想も何件か読みましたが、そこまで反米とは思いませんでした。まあ、地図上じゃ北米・南米大陸が思いっきりブリタニア帝国となってましたが。(笑)ビジュアル的にはおフランス貴族的、名称はイギリスとごちゃまぜっぽく感じました。「未来なのに帝国?」って意見もありましたが、更に未来の『銀英伝』でも帝国があるくらいですから気にしな~い!気にしな~い!
でも、支配者側に特権意識が強いって設定にするには、やはり貴族とかがいる世界設定にせざる得ないのかも?民主的国家だと、あそこまで明確に迫害する者を作る必要は無いですからね。

現在、気になってしょうがないのが、ルルーシュの過去ですね。C.C.に力を授けられた後の軍人達に命ずるシーンで、自分の姓を「プリタニア」ってしっかり名乗ってましたよね?EDイラストから考えても、彼は元々は皇帝の息子で経緯はわかりませんが、幼い頃に廃嫡子となったのではないのか?と思うのですが。そう考えると、自分の名前も経歴も嘘だらけってのもブリタニアによる侵略に拠ってからとも、どちらにも取れるワケで。皇帝と対峙する日が楽しみです。

スザクもC.C.も初回で撃たれるのには驚きでした。まあ、スザクは腹部を撃たれたようですし、出血して倒れているシーンが描かれていないので、まず生きているでしょうが、C.C.はどんなものでしょう?冒頭の10年前のシーンにも浴衣を着て、今と同じ姿で出現していたので、通常の人間とは違った理の中で存在しているとは思いますが??

アリプロ信者としては、EDは何回も聴き(観)ました。(笑)「本来は「亡國覚醒カタルシス」のカップリング曲になる予定だった曲」である事と、「「愛と誠」が好きな人におすすめ」ってのを知っていたので~。やっぱりアリプロな曲で転調しまくりですね。フルバージョンで聴くとまた違った印象になると思われるので、CD発売日が待ち遠しいですわ。
そう言えば、わりとこの手の作品って初回はOPかED無しで開始する作品が多いので、どちらも有ったのにはちょっと驚きました。(どっちか無しだと覚悟しながら観てたので)
今期、期待の作品でありますので、今後も視聴継続予定です。でも、精神的にはキッツイ作品になりそうな気が・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ネギま!?』 #1「え~っ、いきなり31人って言われても!」

原作は立ち読み程度、以前あったアニメは勿論放映されておらず、レンタルにあれども観る気全くナシで観ておりません。(だってあのやる気の無い絵はちょっと)ちなみに『ぽにぽにだっしゅ』も放映されておりません。
で、最初何の吸血鬼モノが始まったのかと思いました。(笑)あぁ、でもどこか覚えのある画面演出。あまり期待してなかったけど楽しかったです。シリアスな演出はやたらかっこ良かったですし。魔法シーンは『なのは』思い出しちゃいましたが。

原作とはかなり話が違うようですが、これはこれでアリかなと。しかし、今回だけだとエヴァ様が目立ちまくりですね~。バカレンジャーには参った。製作者側のノリっぷりが良く出てますな。あまり悪ふざけがすぎると閉口しますが、このあたりなら充分許容範囲です。黒板のちよちゃん・・・。(笑)
しかし、BSジャパンの6時代はすっかりコナミアワーと化してしまった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『Kanon』 第1話「白銀の序曲~overture」

視聴してますと、DC版をプレイしていた時の事を思い出します・・・。思いっきり夏でした・・・。西日に耐えつつプレイしてましたなぁ・・・遠い目。
ゲームそのままの構図も自然に使用し、画面のクォリティもとても高いですね。さすが京アニさんと言った所でしょう。
OP観ているだけで、プレイしていた時の事が思い出されて・・・。私的には子供時代の舞との麦畑での追いかけっこシーンには、目頭が熱くなりました。
雪景色や、その雪が降る様、冬の寒さとは対照的なまでの、暖かな夕焼けの色がとても綺麗です。初めの頃の回想?シーンの血を思わす夕焼けとはまた色合いが違って・・・。

お話としては、まだほんの序盤。でも顔出し程度でもメインキャラがほとんど出ていたのにはちょっとニヤニヤでした。ぴろまで出てるよ・・・。早く名雪の「ねこ~、ねこねこ~、ねこ~」聴きたいですわ。
今期、楽しみにしていた作品の一つなので、視聴は勿論継続です。一体どうまとめてくれるのか楽しみだったりします。
余談ですが、名雪の生着替えがありましたが、寝るときにブラしてると自律神経失調症になるそうなので止めた方が良いです。ヲイ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『護くんに女神の祝福を!』 第1話「恋するビアトリス」

え~っと、原作は読んではいないのですが・・・、ヒロイン・絢子のどこがツンデレなのでしょうか?初っ端から護にデレデレじゃないですか?
う~ん、普段は周りにはツンツンの恋とかに無縁そうな、無敵美少女が恋に落ちたからでしょうか??
生徒会メンバーも楽しげです。そこまで人の恋路に干渉してどうしますか!?
世界設定的には、規模がでか過ぎと言いますか、バカらしい(ホメ言葉)といいますか、今期視聴可能作品の中で一番何も考えないで観れそうではあります。
原作の挿絵はむっちりし過ぎて抵抗があったのですが、アニメの方はそうでもないかな?でも、制服デザインが色々とクド過ぎな所が気になってしょうがないです。男子のデカボタンにしても女子の二重リボンタイにしても。
次回予告は、けっこう笑えました。取り合えずは、保留で。
しかし、中川さんショタ系の役増えましたね。(ゲームだけど『.hack//G.U.』の欅様とか)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夜明け前より瑠璃色な-Creseent Love-』 第1話「お姫様がホームスティ!?」

12月にPS2で移植版出ますね~。宣伝効果も狙ってのアニメ化でしょうか?(翠がPC版の外ハネからPS2版のポニーテールになってますし)そう言えば、PS2移植のエロゲ原作作品、今期やたら多いですね・・・。

お姫様であるフィーナは、お姫様らしく気品のある口調で良いです。最近の姫様キャラとかお嬢キャラって高飛車な娘が多くなっているので、何だか新鮮。ちょっぴりドジな所も好感度高しです。
主人公である達哉とはどうも昔、地球に来た時に出会っているっぽいですね。・・・『SHUFFLE!』思い出したのは私だけか?
菜月の巨大しゃもじに、妙にウケた広島県民。ちなみに宮島のお土産やで好きな文字入れてもらえる事が可能です。お越しの際はぜひ。ヲイ
お姫様が地球の一般家庭(って保護者は居る事は居るけど両親不在だし)にホームスティって、大丈夫なんでしょうか?御付きはミアのみみたいですし。しかも、この娘さんアセアセし過ぎで何だか頼りなさ過ぎなのですが・・・。
登場人物は、なかなかに好感を持てるキャラが多くてわりと好感触。アニメオリジナルらしい、カメラマンのエロジジイはいらないですねぇ。スカートの中取材して何処にネタ流す気なんだか・・・。このキャラ出張り過ぎたら即刻切るかも?
しかし、久々にごつくない千葉さん声を聴いた気がします。最近だと『銀魂』の近藤さんですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の更新

どうも久々です。
ず~っと開店休業状態でした。その間、まあ地味に体調崩したり、通勤途中に自転車に衝突されて腰椎捻挫になったり(もう一ケ月経ちますがまだ完治してません)と、パソコンの前に座る事すら出来なかったりとまあそんな感じで・・・。
あと、何故だか24時以降になるとやたら眠気がするので、深夜アニメも全て録画で処理する様になりました。休日は何とかなるんですけど平日はホントに起きてられなくなりました。情けないなぁ・・・。
そうそう、つい最近ようやくDVDレコーダーを購入しました。もちろん地デジ対応。広島もやっと地デジが始まったのでそれに合わせてと、秋の新作ラッシュへの対応にも合わせてです。(今まではビデオとTVのHDD録画で対応してました)この為に電器店のポイントを使わずに貯め込んでいたので、結構お安く購入できました。
秋の新番組ラッシュに遅まきながら参加しようと番組チェック(全部じゃないですが)をしてるのですが・・・、地元テレビ局ではあまり無いにも関わらずBSが結構あるので思いのほか本数があってほとんど今回の連休を利用して観てました。しかもまだ始まってないのもあるんですよね~。更に、継続視聴しているのもあるので、一体週何本観る事になるのやら。
そんなこんなで、感想と言ってもあらすじとか無しで簡単に書いてます。今後、継続出切るかは謎ですね~。今回は連休があったから何とかなりましたが、観るだけで精一杯なもんで。
それにしても、地元テレビ局での新番組の中に『ケロロ軍曹』があるのはどう言う事でしょうか?ものっすごく今更なんですけど・・・。ちなみに深夜枠。どうせなら『ゴーストハント』やって欲しかった・・・。これ原作の『悪霊シリーズ』も漫画版も全部読んでるので楽しみとか言いたかったのにぃ。原作を一切知らない、放映地区の方へ。この作品は「ホラーを題材にしたミステリ作品」として鑑賞して下さい。うん、これだけは言っておきたかったので。
では、一気にいきまっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | November 2006 »