« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

日曜日のアニメ視聴ならず

『交響詩篇エウレカセブン』第11話「イン・トゥー・ザ・ネイチャー」
・・・Bパート途中から記憶がありません・・・、気付くと7:36でした。なんてこったーい!!
折角、折角面白げになって来た所で何故寝るか!私っ!!
ってワケで、本来、感想なんぞ書くモノではないかもせしれませんが、Aパートのアネモネが印象に残り過ぎたので、そこのトコだけでも書きます。
兎に角、今回はアネモネ。先週は赤い鼻血でしたが、今回は真っ赤なジャム。(イチゴ?)エウレカが、青と白なイメージですが、アネモネは赤と白(or黒)と対比がしっかり出てます。
性格的にも、エウレカはおしとやかで芯が強いってイメージですが、アネモネは我侭で気分家なイメージです。表情もコロコロ変化するし、動作も踊るようです。
あ、今回ドミニクは白服ですね。デューイとおそろいですか?流石、崇拝者だ。(^-^;)
一方、エウレカは、頭痛が続くとのこと。ニルヴァーシュに触れていて、指にケガしたようですが?これはニルヴァーシュが、エウレカに対して拒絶をした意なのでしょうか?
コーラリアンに出撃する辺りで、みごとに記憶吹っ飛んでます・・・。
公式HP見たら、何かアレな表情のアネモネの絵とかあって、ちきしょーって感じですわ。(ToT)
所で、結局コーラリアンって何でしょ?見たときは「ラピュタ?」とか思ったり。
次は、しっかり睡眠とっておくぞ~!

で、『NARUTO』は観たのですよ。ひょっとして、コレ観る為に早起きしたのがまずかったのか・・・。
今回はササメがいっぱい喋って嬉しかった・・・。「私は身体も小さいし・・・」のセリフで、「ああ、晶もちっちゃいもんな・・・」。
朝っぱらから、トリップしてるよ!私の脳!
だから、途中で吹っ飛んだのか・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第6話「世界の皮膜が薄くなる」
今回は、田菜のそこかしこで妙な現象が起き出します。
最初に出たのは、湧き水ですがそれ以外は主に電子機器関連の、使用不能が起こります。(美玖談「寝てるだけ」)
それと同時に、フェアリーの動きも活発になって来ました。晶さんは、締め切った車の中で、突風にキャップを飛ばされ、潮音に至っては、人間の目には光球にしか見えないのに、タルトの眼に映ったフェアリーを見ますし。
あと、心境の変化と言うか歩も当初よりか、他人と話すようになりました。亮介には、とうとうわっくんの事も話しますし。さすが、オカカ婆を追いかけてるだけあって、あっさり歩の言う事を受け入れますね。まあ、オカカ婆が絡んでるのもあるんでしょうが。(^-^;)
平五郎さんとも、口癖の「世界の皮膜が薄くなる」事について話します。田菜は、元々別の世界との境界が薄い土地のようです。で、皮膜が薄くなってるって事は、これからもっと不可解な現象が増えて来るわけですね?
今回、結構驚きなのが、潮音です。大胆な事するな~、と思ったら拓馬には拒絶され泣きながら帰る途中でフェアリーに遭遇するわけですが、まさか潮音が一番最初にこの事実に気付くとは思っていなかったので。あ、今回の潮音はちょっと可哀相でした。拓馬は、潮音の好意を持て余しているようですが、なにげにヒドイ事してるぞ。
毎度の事ながら、キャラや周辺の描写が細かいです。今回のヒットは、ぷるぷるしながら待ってるタルトです。あのいかにも小型犬な様子が可愛すぎる~。

『今日からマ王!』第52話「大地立つコンラート」
「「コンラート大地に立つ」だと全くイミが変わるな・・・」とか、タイトル見て思ったり。(笑)
毎度の事ながら、(男同士の)痴話喧嘩が絶えない血盟城・・・。
今回、過去に有利が行って、ジュリアの人となりが大分判る内容でしたね~。眼のハイライト見て「あれ?」と思ってはいましたが盲目だったのですね。そのワリには、以前の話ではそんな感じの描写が無かった様にも思うのですが?他人と話すとき、目線合わせてたと思うのですが?
・・・最近、ほとんど惰性で観てるので、あまり感想が無かったりします。ラスト、ムラケンにカメラ行って終わりってパターン増えて来た気が・・・。
来週は、感想書かないかも・・・。

『ツバサ・クロニクル』第12話「暖かなエガオ」
今回の話は、小狼とサクラの過去の関係を出すのがメイン、ってトコロでしょうか?小さい頃の二人が可愛いですね~。明るく笑うサクラと、感情がほとんど無い感じな小狼。特に、誕生日会での出来事をただ時系列で言う中、サクラの笑顔に対しては感情が湧いてる感じが可愛かったです。
先週ラストから、サクラの表情がぐっと豊かになりだして、可愛いです。
(でも何故か、観ていて『NOIR』の霧香思い出すんだよな・・・)
小狼もサクラも、砂漠の国育ちなのに何で素潜り平気なんだろう・・・?って、そこは突っ込む所ではないですか?すみません。
今回の国では、結局羽根はありませんでした。つか、とにかく強いチカラに反応するのでしょうか?モコナって。
今回、何がスゴイって声優さん。ヲイ
野沢雅子さん、水島裕さんが出てるよ~。しかもEDでのテロップ、何か身も蓋も無いよ~。「怪魚」って・・・。
次回で、また新たな国へ到着するようなので、話にもっと動きがあるかな?
あと、モコナの秘密あと106個は判明するのでしょうか?(笑)
・・・そう言えば、結局あのでかい鱗どうしたんだろう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

好事家は赤くて黒い

いやぁ~、毎日聴いてます、アリ・プロジェクトのニューアルバム『dilettante』。
ジャケットからして、イメージするカラーが赤と黒だったもんで・・・。だから、こんなタイトル。(^-^;)
全部新曲のアルバムは、久々な感じです。ここ最近の作風である、ダークな雰囲気のアルバムですね~。
発売日の一日前には購入したのですが、1日目は、何と言いますか「感想なんてとても書けないですよ」と、脳がなってまして、ただ聴き続ける事しか出来ませんでした。

テクノポップ調有り、中華風有り。男性コーラスが入ってるのが新鮮です。
相変わらず、聴けば聴くほどにクセになりますわ。私的にはアリプロの歌は「音楽ドラッグ」なのです。
最初は「うっ!」とか思った『人生美味礼賛』も、すっかりたまらなくなって来ているし。(笑)いや、想像しちゃったのですよ、情景を・・・、かなりエグイものを想像しましたよ・・・。

特にお気に入りは『愛と誠』と『北京LOVERS』かな?延々聴いてたらまた変わるかもしれないですが。(笑)

今年の11月にもアルバム出るそうなので、楽しみは尽きないです。仮タイトルからすると北欧神話がモチーフらしく、その辺も楽しみ。(^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

はっきり言うとめでたくはない

いやぁ~、遂に来ちゃいました。
年に一度嫌でもやって来る・・・、そう、誕生日が・・・。
「ケーキでも買って、自分でお祝いしようかな?」とかも思いましたが、何と言う事でしょう!明日は健康診断です。なんぼなんでも前日に等分過多はいかんだろってなワケで我慢しました・・・。贔屓のケーキ屋さんの近く通ったけど・・・。(T^T)
そんなこんなで、夕食もヘルシーメニューって感じですか。とろろかけご飯に、ゴーヤチャンプルーに、ひじきの煮物・・・、誕生日のメニューではないですな。唯一のご馳走は、頂き物のさくらんぼです。
明日は、ご馳走にしてもらえるのでまあいいです。
ケーキはおあずけ。でも、カロリー気になるのでシフォンケーキ辺りで・・・。<無駄な抵抗

まあ、早めにプレゼントとかはいただきました。兄一家からはわちふぃーるどのダヤンTシャツと、防犯ブザーいただきました。(^-^)
自分からのお祝いは、『舞-HiME』と『MADLAX』のDVDを・・・、って毎月買い揃えてるやん!今回の『舞-HiME 6』では晶と巧海が、新婚さんごっこをやってくれるらしいので楽しみです。(違)
本当言いますと、先週蜻蛉玉を購入しまして、それが自分へのプレゼントですね。ものすごく悩んで買っただけに、かなりお気に入りです。瑪瑙のような色に、珊瑚の粉を使用した絵の具で模様が入っています。
この悩んでる時間が長すぎて、『ツバサ・クロニクル』の放映時間に遅れたんですけど。(^-^;)
あと、買おうかどうしようかと悩んでいた本の『美人の日本語』も、思い切って買いました。
そう高い本でもないのですが、この手の本が好きで大分増えてしまったので買い控えをしていまして・・・。日本語の美しさを再認識できる本って良いですよね~。
特に、ここ数ヶ月は「美しい日本語」が自分内ブームで、和歌とか詩集にも手を出してますね~。改めて『海潮音』買って読んでたり。『月下の一群』も欲しいのですが、本屋さんにないのでアマゾンに頼るしかないかも?

ブログしはじめて、2ヶ月ちょい、トラックバックとかも貼っていただいたり、コメントいただけるようになり、読んでもらえる嬉しさを噛み締めています。
まあ、トシは一つとりましたが、これからもぼちぼちやって行きます。(^-^)/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第10話「ハイアー・ザン・ザ・サン」
今回は、ホランドとタルホ中心の、アダルトな回でした。
冒頭、過去の自分を夢に見るホランド。トラウマになっているようですね・・・。
・・・で、え~っと・・・、朝っぱらからいいんですか?(^-^;)
今回驚いたのは、月光号が大気圏突破出来るって所でした。軍が幅きかせている状況で、一応民間船がそんな性能持ってるのってアリですか?
ホランドとタルホのアダルトな展開がある中、レントンはもう青春の情動って感じで・・・。甲斐性が無いから、結局何も起きないけど。(笑)
エウレカの調子がおかしいみたいで、今後レントンのナレーションからすると、かなりイヤな方向に話が進むみたいですね。
最後に登場した、OPにも出ている鼻血少女アネモネ。容姿の感じが、エウレカと似ているので何か関係ありそうです。
しかし、最近は長くて2クールの話が多いせいか、ちょっと展開にイラつきもする今日この頃。
それだけ、しっかり描こうとしているのでしょうね。

あ~、今朝、目覚ましのセットを失敗し、途中から『NARUTO』を観ました。
やっとササメが登場!(何話遅れなんだ?)最後の辺でちょろっとですが。わ~い!小林沙苗さん声の忍者~!
おおまかな話しか知らないので、取り合えずササメが登場している間は観ようと思っています。不順な理由だなぁ・・・。
本日、姪っ子ちゃんにはサクラグッズをプレゼントし、大変喜んでもらえました。(^-^)
良かった良かった、アニメイトで延々悩んだ甲斐があったと言うものです。サクラ単品って、そう沢山ないから・・・。やっぱ、男キャラ多し。
姪っ子ちゃん談「最近、サスケが嫌いになって来た・・・」ストーリー上無理ないネ。

|

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第5話「約束の重さと夢の軽さ」
冒頭、歩の記憶でしょうか?小さかった歩と、わっくんのしりとりと思われる竹薮での会話。はっきりとでは無いですが、少しづつ昔の記憶が視聴者側に提示されてきていますね~。
半ば義務のように、わっくんに付き合う歩。わっくんは楽しそうですが、歩はとても楽しそうには見えません。
雨のせいで、行く事が出来なくなった日以来、わっくんが姿を現さなくなります。それでも歩はわっくんの姿を探そうとするのですが、見つからないせいか美玖へ相談をします。
この時の美玖の話からすると、わっくんが姿を見せなくなった事自体は、さほど重大な事ではないようです。そして、歩が見守られていると言ったその時、またもや見えないにも関わらず瞳に映りこむフェアリーが!
母親からの電話で、「ポンチョに長靴の男の子」を過去、田菜に来た時見た事はないかと尋ねると、その時の歩が同じ格好をしていた事が知らされます。歩とわっくん、この二人の関係は?最後に出た光は、どっしるとしっしんでしょうか?
今回の人間模様、二人きりの何とも言えない空気が流れるシーンが多かったですね。
歩とわっくんの川原で遊んでいる所。美紀と拓馬。雨の中、コンビ二の中の歩と、物言いたげな亮介。田菜行きのバスでの、美紀と潮音。
他にも二人きりのシーンはいくつかあるのですが、特にあの重いような変に緊張感がある空気が・・・。
潮音の行動も、相変わらず一貫性があるのか無いのか・・・。歩には、携帯の番号とメアドを教え、美紀に対しては「アンタ嫌い」と言うし。美紀に対しては、嫉妬もありそうですね。
色々と、話のピースが集まって来た感もあるのですが、まだまだ話の戸口に立ったばかりな気がします。OPに出てる人も、まだ半数くらい出てないし。(笑)
あ、OPのマキシシングル購入しました。ここ最近、アリプロばかり聴いていたので、物凄く爽やかですわ。(笑)

『今日からマ王!』第51話「復讐鬼?マキシーン」
タイトルを観た時、真っ先に思った事・・・「マキシーンって誰?」。ごめんよおっさん、姿を見るまで忘れ去ってたよ・・・。
有利が帰宅すると、美子さんとすっかり打ち溶け合っているムラケンが・・・。流石、大賢者様は常人とは違うね!
特製カレー(おいしそう・・・)を用意していた美子さん曰く「世界の平和は食卓から」。今回も、ステキ語録。
今回は、自宅のお風呂から異世界へ移動。「じゃあ、僕も」って、飛び込みますか?ムラケン!
おりしも血盟城では、食べ物が無くなる事件が多発。その犯人は、魔王の命を狙い潜伏していたマキシーン!懲りないのね・・・。
それにしても血盟城の警備って、問題があるんじゃなかろうか?あんなアヤシイおっさんが屋根裏部屋にいついていたのに・・・。
結局いつも通りに、連れ去られる有利。でも、すぐ助かる。(笑)
マキシーンも、厨房へ立て篭もったところ、ドリアの作った故郷の料理を食べ、自分の故郷を思い出し改心と言うか、思い直してくれました。
美子さんの言葉は偉大だ・・・。

『ツバサ・クロニクル』第11話「選ばれたアシタ」
・・・、外出してたもんでAパートの大半は見逃しました。(;_;)なので、観た所から。
すでに、領主タンバルは追い詰められている真っ最中。多分、ピンチの小狼を形見の鏡を持ったチュニャンが秘術で助けてくれたのでしょう。(予告からの判断)
羽根の力があれば、チュニャンの母を生き返らせてやれると命乞いです。往生際が悪いなぁ・・・。そんな事を言われては、小狼もサクラも何も言えません。
でも、チュニャンはお母さんに「死んだ命を蘇らす事は出来ない」と言われています。領主の申し出を、きっぱり断ります。
結局、この卑劣過ぎる領主、殺すにも値しないとの事でキィシムがお持ち帰りしてくれる事になりました。(^-^;)
これで、やっとサクラの羽根が戻ります。
・・・で、サクラは過去の記憶を取り戻しますが、その中で、小狼がいたと思われる場所に誰もいないのです。でも、サクラにはきっと、そのいない人がとても大切な人であることがわかっているのです。でも、誰もいない事にサクラは涙します。
この、代価である「小狼とサクラの関係性」ですが、自分は覚えているのに相手は覚えていない小狼の方が辛いだろうと思っていたのですけど、今回の話を観た後だと、思い出したくても思い出せないサクラの方が辛い気がします・・・。
そんな彼らを、別次元から見ている飛王。この人の目的も、まだよくわからないですね~。あと未だ目覚めない、小狼と同じ姿?と思われる少年。星火も久々のセリフだ。ヲイ
領主がいなくなって、やっと入る事が出来た密偵衆。モコナには、葵の御紋じゃないとがっかりされてましたが。(笑)
今頃来ても、やる事ないんじゃないかと思いましたが、領主無しでやっていこうとする皆を見守る事になりそうですね。しっかし彼は、ここでもフェミニストですな。
そして、また別の世界へ。
でも、羽根を取り戻せたおかげで、サクラの表情が出て来たのが良かったです。話し方にも抑揚が付いてるし。
こうやって、少しづつ本来のサクラに戻っていくんでしょうね。笑顔がまぶしいねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木曜日のアニメ視聴

アニメ誌とか観てますと、たとえ金曜日でも深夜は木曜日扱いのようなので、タイトル変更です。

『トリニティ・ブラッド』第7話「Never Land」
5話からずっと、Axメンバー紹介編といった感じの流れですね~。
初登場のレオンは、刑務所に服役中の囚人であり、Axメンバーとかなりいわくありげな人ですな。指定の仕事を請け負う事で、刑期が短くなるようですね。豪快で、すごくいい兄ちゃんって感じの人なのに、どんな罪を犯したんだろう?って思ったら、公式HPのキャラ紹介に書かれてましたわ。(^-^;)本編でも触れられるんでしょうか?かなり重そうな話ですが・・・。

今回は、船舶襲撃事件にヴァンパイアの博士が作成した、後天的なヴァンパイア「妖精」が起こした事件らしいとの事で、子供だけの島「ネバーランド」へ向かうのですが・・・。
「ネーバーランド」だけあって、登場する名前が『ピーターパン』絡みで纏められてますね。ちょっと「う~ん??」とか思いましたが。「ティンカーベルシステム」とか・・・。
まあ、この島にいる孤児達が、博士により作られたヴァンパイアであったワケなのですが、アベルは早々に自白剤入りの紅茶(+砂糖13杯)飲んでほとんど役立たずでした。・・・いいのか?
一方、レオンはリーダー格であるウェンディを慕う、「失敗作」の少年ピーターに襲撃を受けますが、何か打ち解けてるし。(笑)
このピーターくん、「島を出て、大人になってウェンディを守りたい」と大変健気な子です。声アルだし。ヲイ
アベルを助けてくれるのですが、ウェンディに見つかり刺されてしまいます・・・。
大人に対し、不信感を抱くウェンディ率いる子供達に苦戦するアベルですが、統制システムを司る鐘をレオンが破壊したおかげで助かります。・・・って、アベル今回全く活躍してないよ・・・。
「このまま生きていても、実験台として扱われるだけ」と、レオンがウェンディに止めを刺そうとしますが、アベルとピーターが懇願し、結局、殺さないで終わります。
その際の、レオンのブチ切れっぷりが、良いですわ~。「俺はおじさんじゃねえー!!」
不器用な優しさがいい感じのキャラですね~、レオンって。今後も活躍希望。

最後に、子供達は二人により島を脱出する事になり、良かった良かった。なのですが、二人は災難に・・・。(笑)
あ~、何かアベルが貧乏な理由が分かった気がする・・・。

ところで、件の博士ってやっぱり子供達に殺されたんでしょうか?
ファンシー好きな変態だったみたいなんで、まあいいか・・・。ウェンディに何してたんだよぉ!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第9話「ペーパームーン・シャイン」
今日は早起きしたので、いつもより脳が起きていました。(笑)
今回は、色々とホランド達が、元軍人だったとかその辺りの内容に触れる回だったので、寝とぼけてなくてよかったですわ。

ティプトリーを、ヴォダラクの聖地へ連れて行くワケですが、どうもホランド達にとって因縁の場所のようで・・・。
何も知らないレントン(まだムーンドギーを「兄さん」言ってるよ)は、リフをしようとしてホランドにぶん殴られます。理由を言わずにただ殴るあたり、ホランドも青いなとか思ったりしました。
傷ついたレントンは、いつものドジっぷりを発揮し、ティプトリーと再会。
この時の会話内容、後々レントンの考えとかにも影響しそうですね。まあ、子供に対しての情報操作は、学校教育最適ですよね・・・。(-_-;)
行方のわからないレントンを探しにエウレカがやって来ますが、ここでニルヴァーシュとエウレカに対してヴォダラクの民は「白い悪魔」と呼び、非難と攻撃を行います。
ここで、かばおうとするレントンに対して、エウレカが過去の自分の所業を告げます。自分は元軍の狗であり、この地で破壊と虐殺を行った事を・・・。
何か凄い過去とかあるのかもしれない。とか思ってはいましたが、なかなか凄い過去です。回想シーンの、無機質な瞳のエウレカは、怖いですよ・・・。
その時、自分を正気にさせた3人の子供を育ててるってのも、ありがちな気もしますが、現在は慕われてるって事は3年の間に色々あったりしたんでしょうなぁ・・・。軍を抜ける事自体も、大変そうですし。

そんなエウレカを、レントンは励まそうとします。普通の女の子じゃない事はわかってたろうけど、いきなり壮絶な過去を告白されたのに、度量広いな・・・。
そんな中、軍の定時爆撃が来襲!二人で撃退!!
この時のニルヴァーシュ動きについての、ホランドのセリフがまた意味ありげです。操縦自体はエウレカがしてたけど、レントンがニルヴァーシュの動きに干渉してた?う~ん??

今回、新たに増えた謎の一つ。
回想シーンのエウレカ、3年前なのに姿が全く変わってないですよねぇ?
前に、クルーの皆もエウレカの年齢を知らなかったし・・・。判明する事実より、新たな謎の方が今のところ増えていく気配・・・。
ストーリーが動き出したので、以前より観るのが楽しくなってきました。なるべく脳が起きてる状態にしておかないと、話についていけなくなりそうです。(^-^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第4話「光誘う樹木の宮」
今回の話で、不思議発言の多い美玖が、2年前、神隠しにあって以来、他人には見えないモノが見えるようになった事を、姉の美紀から聞く事になります。
冒頭で出た、あの森が何か関係ありそうな感じですね。歩の過去にも関係あるのかも?
あと、人間関係で、美紀、拓馬、潮音は三画関係?な感じですね。潮音、美紀を思いっきり無視してます。(^-^;)
あと、アナウンサーの晶さん、あきらめてないですね~。しかも、歩の身辺に何かアリと目星つけたようです。
少年少女が、主だった登場人物の中に、大人がどう絡んで行くのか楽しみでもあります。
最後、オカカ婆に誘われ歩はわっくんに再会。もう遅いからと言う事で、明日遊ぶ約束をしますが・・・。
そうすんなりとはいかない予感・・・。
ところで、前から思っていたのですが、歩とわっくんって似てると思うのですが?歩が、田菜に来たのも4,5歳くらいだったと思うので、年齢的にも合うし。
・・・としても、これからどう展開して行くのか?そして美玖は何をどこまで知ってるのか?あと、深山姉妹が3姉妹ってのも、今回話で出ましたね?OPに出てくる、謎めいた女性の事かな?
まだまだ謎だらけですね。

『今日からマ王!』第50話「我が愛しきジュリア」
アーダルベルトの加勢に行ったら、何故か急に火山が噴火。モルギフが戻ったせいって、う~ん、そう言えば最終兵器だもんな、それくらいあるのか・・・。
尋ねた時のモルギフがやたら得意げなのが・・・。
アーダルベルトの、ジュリアに対する疑問ですが、私もやっぱり愛していたのはアーダルベルトの方だと思います。思想の共有者が、コンラッドじゃないかと。
今回も、いいトコロで魔王様降臨!各国のお子様達も助けて、有利陛下はますます株を上げました。
そして、また一人有利ファン(違)が増えました。きっとまた、どこかでピンチの時にアーダルベルトが登場する事でしょう!
どこでピンチになっても、必ず助かりそうだよ、有利。(総勢何人いるんだろう・・・)

『ツバサ・クロニクル』第10話「別離のカガミ」
領主の息子ブルガル、秘術によりムキムキになりましたが、小狼の前にあっさり負けました。・・・やっぱり、頭をかしこくした方が良かったのでは?(笑)
一方、黒鋼・ファイ組は、コンビネーションによりキィシムに勝利!しかもキィシムを領主の呪縛からも解いてあげました。まさか、黒鋼にちゅうするとは思わなんだ。
しっかし、領主は相当に悪い様で・・・、キィシムにボロクソ言われてますし。あ、そう言えば館にも手下とかが全くいない気が・・・。
そのせいか!?空汰達の前にわざわざ自ら出向いたのは!
先週のサクラの言葉遣いに「アレ?」とは思ってましたが、やっぱりチュニャンのお母さんが中に入ってましたか・・・。
復讐しか頭になくなっていた、チュニャンの事が心配だったんでしょうな。最後に、ちゃんと形見も渡す事が出来てお母さんも成仏出来る事でしょう。直後、捕まりましたが。(^-^;)
領主の間についた、小狼の前にとらわれたサクラとチュニャンの姿が!っと思ったら、相変わらずはやっ!!
そのまま蹴っ飛ばすのかと思ったら、寸止めしました。あの衝動的としか思えない行動をしても、理性働いてるのね・・・。
ラストで、操られた空汰達に囲まれ大ピンチ状態で、来週に続くワケです。
さあ、来週こそ決着付きますな。某三人組の出番は!?ヲイ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

金曜日のアニメ視聴

タイトルで「金曜」にしてますが、「木曜」になるんでしょうか?深夜アニメって・・・。

『トリニティ・ブラッド』第6話「Sword Dancer」
今回は、アベルの出番全く無しの回。みごとに1カットも出てない・・・。
Axメンバー「ソードダンサー」こと、ユーグの登場です。
どうも、この人はヴァンパイアに怨恨があるようですな・・・。
登場時、マントでほとんど顔が見えなかったので、まさか金髪美形とは思いませんでした。すごいトレーニングの仕方されて・・・。あと、お料理まで出来るとは・・・。

ヴァンパイア同士の、抗争もあるようで、アムステルダムの教会は巻き込まれた形に・・・。
生き残りのシスター・アグネス、容姿的にかなり好みなのですが。(笑)でも、もう出ないでしょうな・・・。
今回のバトルシーン、ものすごい速さで攻撃しているって感じで、派手さには少々欠けたでしょうか?
あと、アムステルダムの全ヴァンパイア殲滅・・・、死屍累々になっている所しか出ませんでしたね。流石に深夜でもヤバイか・・・。

シスター・アグネスは助かって、意識を取り戻し日の光をあびている所で、ユーグは闇を行く所で終わってしまうところが彼のこれからの行く末を暗示しているのでしょうか?

原作を読んでないなりに、結構楽しめてます。
登場人物が多い上に、名前が結構難しいのでその辺が困り物ですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CD購入そして・・・

今日は、サービス残業もせずとっとと会社を出ました。
途中、寄り道しつつ某大型電器店のCD売り場へ!!
きょろきょろと探していると、おおっ!新譜コーナーにありました『阿修羅姫』発見!わ~い!良かった~!!とか、思ってたのですが・・・。
あれ?『舞-HiME』のキャラクターボーカルCD『初恋方程式 第2楽章』がありません。どう見てもありません。念の為、裏側のアニメ「マ行」を確認すると・・・、あるでやんの。
何故に新譜コーナーから追いやられてるのでしょうか?ゲーム版主題歌は、ちゃんと目立つ所に置かれているのに。ジャケット絵が一瞬手を取るのを躊躇いたくなるからでしょうか?(笑)
まあ、何故か他に『創聖のアクエリオン』のサントラも合わせて購入しました。(作曲家買い)
帰りに本屋で『舞-HiME』関連の小説二種購入、また風呂場で読みます。同時購入は『遙かなる時空の中で』のコミックスとわけわからん取り合わせです。(死)

さあ、家に着いたらあとはCDを聴かなくてはなりません。不安は大半、わずかな期待を抱きつつ『初恋方程式 第2楽章』、歌詞とかは確認しないでいきなりトラック5!
イントロからして忍者ソングだなぁ・・・。
・・・えっ?ちゃんと初恋ソングになってるよぉ~!!忍者ソングなのに!!
すごいよ!晶!!かっこかわいいよっ!!
聴いてて、晶が人差し指立ててチッチッとかしてるの想像したりとか、モノローグ部分に「太るよ!晶!」とか突っ込んだりしたけど。(^-^;)
いや~、良かった良かった。碧ちゃんみたいに初恋のはの字もないようなネタ歌だったらどうしよう?とか思ってたから。ネタ歌だとは思うがな。

なワケで安心して『阿修羅姫』聴いてます。
・・・すんません、他のキャラソンまだ聴いてません・・・。
実の所を言いますと、『初恋方程式 第1楽章』も、まだ全部聴いてなかったりします・・・。
折角買ったんだから、聴きますよ。ええ。
でも今は、脳から変な物質が出るくらい聴かせて下さい・・・。やっとフルで聴けるんで、嬉しくて嬉しくて仕方ないんですよぉ~。
にしても、やっぱり改めて歌詞を見ますと・・・、どう考えても静留の歌だ・・・。ジャケットの裏、舞衣だけど、差し替えて静留にした方がしっくりくる・・・。
ところでカップリング曲の『君かため、惜しからざりし命さへ』は、晶の歌だと思うです。21話から25話の間のねっ!曲調はちょっと怖いかもしれないですが、歌詞がね。うん。
絶対!絶対!!決定!勝手に認定!!一人称が「僕」だから男性の歌かもしれないけどね~。(^-^;)
著作権とかありますから、歌詞とかは出しませんが。

そうそう、『紅の忍風烈火伝』を聴いた直後から、CDプレーヤーがイカレました。マジで。
CD読み込まんのですよ。それでも一回は何とか『阿修羅姫』聴けましたが・・・。
今、親ので聴いてます・・・。
一体、何の忍法をくらったのでしょう?

| | Comments (2) | TrackBack (2)

『AIR』DVD VOL.2,3一気視聴

本日、購入するだけしておいて、観ていなかった『AIR』のDVDをやっと観ました。

Vol.2 第三話「こえ~whisper~」,第四話「はね~plume~」
メインストーリーとして、ゲーム版佳乃ルートがベースですね。Vol.1の時にも序盤と思われる話が入ってましたが。
ゲームでは登場していなかった観鈴も、無理無く出てました。はい。
羽根の記憶に、意識を奪われた状態になっていたようですが、往人の法力もあり無事開放されました。
その間に流れる、白穂の記憶と、佳乃にはないはずの亡くなった母との会話。母が話す時には、幼い佳乃で、佳乃自身が話す時は現在の佳乃と対比されていたのが印象的でした。

Vol.3 第五話「つばさ~wind~」,第六話「ほし~star~」
メインストーリーは、私がゲームエピソード中最もお気に入りの美凪ルートです。
すごく観てみたかった反面、不安でもあったのですが・・・。まあ、いらん心配でしたわ。
観鈴の、癇癪が起きてしまい、神尾の家を出る事になった往人。うん、設定的にあまり無理が無い。
美凪の母、そして美凪自身の夢が覚めてしまうワケですが・・・。ああ、みちるが可愛くて健気で。
削られるかと思っていた、美凪の家での食事シーンもあったのが嬉しかったです。
でも、やっぱり美凪とみちるとの、校舎屋上での別れのシーン・・・。知ってるにも関わらず泣いちゃいましたよ・・・。私にもまだ純粋な心が残ってたのね。(笑)
ここの背中合わせでの別れのシーンは、本当に大好きなシーンなんですよ!
そして、作中では名前は出てこなかったですけど、もう一人のみちるとの出会い・・・。ああ~、良かった!
でも、最後、とうとう観鈴が・・・。

ゲームは、クリアしているのでストーリーの流れは知っているわけですが、それをどう調理してくれるのかは、観ていて面白いトコロではありますね。
でも、このアニメ、元々ロングヘアーのキャラが多いのですが、髪の動きとかも細かくて、あの流れる様な動きは観ていて気持ちいいです。
作ってる方々は大変だと思いますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第8話「グロリアス・ブリリアンス」
・・・朝7時の番組を観る為には、早めに寝た方がいい。と、わかってはいるのですが・・・、今日もかなり脳がボケてましたわ。
内容に不安があったので、公式HP覗いてきました。(^-^;)
今回は、ゲッコーステイト裏の面が見えました。ホランドも、やっぱりお子様なレントンには今の時点で知らせたくなかったのでしょうか?
レントン、「ムーンドギー兄さん」と完全に呼ぶようになってますな。ムーンドギーは、対抗意識かジャージで現れるし。
エウレカと子供たちのお供で、買い物最中にレントン激しく勘違いしてるし・・・。いや、その荷物のせいだよ・・・。
ホランド達は、反政府組織の重要人物ティプトリーを捕獲する為に攻め込んだら、たまたまティプトリーと知り合いになった、レントン達と出くわしてしまって、今回の仕事を知ってしまうのですが・・・。
単に、金の為に今回の仕事をしていたわけではない事が、ラストでわかりますね。

今までの話が、クルー達のキャラクターを出していってましたが、そろそろストーリーが動き出しそうです。
エウレカの過去とかも、出たりするのでしょうか?今回の話でも、普通の育てられ方をしていたとは思えないですし。
長いお話のようなので、じっくり観て行くしかないようですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『舞-HiME』DVD vol.4視聴

ああ、既にvol.5出てしましました。それでもあげます。自己満足だねぇ。
今回の、背のイラストはあかねちゃん・・・。あの後に使うか・・・。あんまりな気がするぞ。

第9話「海とオトメとなつきのヒミツ」
海で水着。それが全て。
って、なつきの過去に関するエピソードがお話的にはメインですが、特に意味もなく水着姿で登場しまくる皆さんを見ると「やはり水着なのだ」と思うわけです。
舞衣の、黎人と楯との間で揺れ動く乙女心とかもありますね。何か黎人のにじみ出るいやらしさ(笑)が気になる。

そして、はい、今回の晶~!ひょひょひょ~!巧海とのやりとりに妙な笑みがこぼれてきます。崩れ顔もかわいいよ、晶。
巧海の心臓についての話が出た時に、変に同情的な事を言うのではなくスケッチブックを渡すところに晶の不器用な優しさを見ました・・・。
ところで、今回の晶の服には手裏剣マークが付いていません。尾久崎家支給品は全て手裏剣マーク付きで、自分で購入した服だから付いていないとか?

はい、本編戻ります。なつきのお母さんですが、えらいそっくりですね。眉の太さが違うくらいで。
ここで、なつきは古びた犬のぬいぐるみをみつけるワケですが・・・。これの意味するところは終盤なんですよね?わかるのって。ネタバレはもう見てたりするのですが、この時点だと娘を守ろうとしているようにしか見えないです。
迫水いいな~。この人好きですよ。
ラスト・・・、やっぱり最後はヨゴレなのね?なつき・・・不憫な・・・。

映像特典「遥の生徒会長立候補演説」
最初、何が起きているのか理解できませんでした。(笑)でも、すごいや!12人もいたんだ投票者。


第10話「ケーキ大戦!!!!」
晶祭ーっ!!これ以外に何があろうかっ!!ケーキ補習など単なるオマケに過ぎぬ!!(暴言)

今回、何か目がきらきらしてません?男女問わず。細い人は変わらないですが。
補習ですが、なんでまたやむにやまれぬ事情で休まざるえない生徒がいるのかがよくわかりませんが、そうでもしないとメインキャラが揃わないことはわかります。大人の事情ですね?(違)
ケーキ作成中、この時点でHiMEとわかっていない人も何気に人知を超えた身体能力を発揮しています。会長とか二三さんとか。

で、晶です!晶!!今回はイロイロ仕草が何だか色っぽいですわ。うひゃひゃひゃ~。
もう、今回はいちいち巧海の行動に食ってかからないですね。苦笑しつつも付き合ってるし。巧海を見るまなざしもなんだかね~へへ~。ああ、こっちがこそばゆいよ。
ここでわかった事があります。晶にとって、男がケーキを買って食べる事は、軟弱な行為ではないようです。意外だ。
そう、あと意外な事。「男が料理するのは軟弱」と言っていたワリに自前のエプロンを所持しているのは何故!?にしてもエプロンの模様じゃないよ。
そうそう、巧海のピンクでフリルなエプロンは舞衣のお下がり?それとも自分の趣味?ゲッ!

オーファン(凪のとシアーズの)との戦闘!メイン三人は取り合えず置いといて(ひでえ)遂に忍者登場!!
うひゃ~!いつの間にお着替えしたのかとかの疑問は心の中に仕舞っておくとして、かっこいいよ~!晶~!!
忍者走りも私にゃかっこよく見えるよ~、ちょっと笑ったが。でもかっこいいよ~!九字切ってる!ひゃー!!
でも正体は完全にバレバレだよ。うん。いくら巧海が天然でもわかるよ。
それにしても、今回三度目の遭遇なせいか巧海は発作も起こしていません。なんて順応の早い子だ・・・、ルームメイトが忍装束で現れた上に、メカガエルまで召喚したと言うのに。
今回の戦闘シーン、2箇所の戦闘の挿入かっこいいです。

しかし、女の子である事が何故バレなかったのかが、私には不思議です。だって中学生男子がスパッツにオーバーニータイツとかで現れたら、イヤな生き物以外の何だと言うのですか!?
んで、晶は20話のおかげで「弱い弱い」とか言われてますが、今回の戦闘見る限り弱いとは思えないのですが?
だってシアーズオーファンなんて、三人で袋叩きですが、晶は一人でしかも途中まではチャイルド召喚もしてないんですよ?弱くはないでしょ?相手が悪過ぎただけで。(ToT)

最後、舞衣にはごほうび。主人公の運命か、良い事なかったからねぇ。
シアーズ側は暗躍な感じで。でも、なして「ワルキューレ」?死者の魂持って行くワケでもないのに。ってか、北欧神話から名称をとってるからか。あ、でも衛星の「アルテミス」はギリシャ神話だ。

やっぱり今回は、晶祭。うん。

映像特典「陽子と碧の『われらが青春の日々』」
陽子センセー、ニプレス貼って下さい。


第11話「光と闇の輪舞」
しょっぱな。木って便利。(笑)
どう考えてもオーファン絡みの吸血鬼騒動。でも、ひん剥かれるだけでも女としては、充分に一大事でしょ?
遥ちゃんも相変わらず突っ走りますな~。そして意味ありげにわき腹に手を当てる静留。HiME印があるんでしょうかね?やっぱり。

やっぱり、今回で印象的なのは、アリッサと深優ですね。
二人の会話が、内容も雰囲気もすごく印象的なのですよ。8話で、深優に対しては複雑なモノを感じていたのですが、このシーンで許しそうになったり。(^-^;)
深優はアリッサに対してだと、話し方も通常とは全く違いますよね。しかも舞衣達がいるのがわかったとたん、いつもの無機質な口調に急変しますし。

で、今回の晶!「学園を守る秘密の忍者」と名乗ったせいで、巧海から出動要請です。(笑)
まあ、巧海にとっちゃあ晶は正義のヒーローとなってるから、仕方がないと言えば仕方ないですが・・・。しかし、もう逆らえんようになっとんな・・・。
出番は少なかったですが、楯と詩帆を助ける時の一連の動きはかっこよかったです。もちろんコマ送りしましたよ。

ああ、それと今回とうとう紫子が石上の魔の手に落ちましたな。陥落とまでは、まだ行ってないですが・・・。あの笑顔がうさんくさいとは思わのだろうか?
そして最後に「えっ!?シスターがHiME?」って所で、次回へ続く。
もうHiMEって事を知ってるから特に驚きは無いですが。

映像特典「紫子の『尼僧物語』」
シスター、アンタ絶対欲求不満だ。

今回は、いつもだら長いので、変に細かく感想を書くまいとしたのですが、結果、晶についてがやたら力入れた様に見える気がする・・・。ま、いっか、晶祭りだし。
今回の特典「HiMEくるカレンダー」前回よりパワーダウン?
もう、vol.5まで観たのですが、あと何度か観てまた感想はあげようと思ってます。
しかし、楯のどこがいいのかどんどんわからなくなるのですが。あんなはっきりしないクセに、いっちょまえに嫉妬するし、その態度は一体なんだよ!?
嫌いじゃないけど、何故惚れられるのかわからんです。惹かれたトコについては、まあわかりますが、差し引きマイナスになる態度だと思うのですよ。
悪い事は言わん、黎人にしとけ、舞衣よ。
詩帆もやめといた方がいいと思うぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第3話「名物アナウンサーがやってきた」
田菜の幽霊騒ぎに、ネタのないケーブルテレビ局がやってきました。ネタの間に合わせで来るってトコロが妙にリアルだ。
インタビューを受ける潮音・・・、自意識過剰気味?さすがに最後はマトモに答えてましたが。(でも使ってもらえんのですね)
地方ケーブル局の名物アナウンサー須賀原晶さん。・・・この世は晶でいっぱい・・・って、思考飛んだよ。
歩の態度から、本当に田菜の町で何かが起きているのを嗅ぎ取るワケですが、この辺りのディレクターさんとの会話とかも、単純に不思議な事が起きてるから調べたいってワケではないのがわかりますね。
報道するのではなく、自分自身の中に湧いた疑問からで動くわけですね。歩にはあっさり協力を断られましたが。
あと、猫の目に映り込んだ謎の物体?最後の最後でまた、やってくれるとは思いませんでした。
このアニメは、やたら動作が細かいですね。
アクションとかは、無いアニメですが、一つ一つの動作とか、周囲にいる犬猫や蟻とかの動きとか。日常の風景を本当に細かく描いてますね。特に女性キャラの動作は妙にリアルです。(笑)
あと、日にちが違うとちゃんと服が違う所も細かい。
まだまだ、序盤といった感じですね~。ストーリーが動きだしたらどのようになっていくのか楽しみです。

『今日からマ王!』第49話「獅子と狼」
おいおいおい!アーダルベルト!こらこらこら!って、なったのは、私だけでないハズだっ!!
いくら魂がジュリアのだからって、有利に重ねちゃいかんだろ・・・。
ところで、ジュリアはアーダルベルトの事を愛していたんでしょうか?アーダルベルト自身は、コンラッドの事を本当は愛していたと思ってるようですが・・・。
有利が、コンラッドの忠誠心についてちょっと疑問を抱いたりしますが・・・、あっさり解消しましたね。
しかし、有利はやっぱり人がいいなぁ。

『ツバサ・クロニクル』第9話「妖しきオンナ」
冒頭、密偵衆登場~。まさか、三人セリフ有りで声優さんも掛け持ちしていない事にちょっと驚きましたわ。
とうとう、領主の館に突入です。サクラちゃんとチュニャンはお留守番。
祐子から貰った突破用アイテム、「投げてね~」とのモコナの言葉に、小狼が球を上に放り投げたので「?」と思ったら、蹴っ飛ばしましたよ。小狼は、足技主体の格闘スタイルですな~。
障壁を突破されて、ちょっと領主焦りましたが、羽根があるので余裕です。くぅ。
通路の秘術にファイが気付き壁破壊を黒鋼に頼む時・・・、どっから出した?そして使わないからと言って、懐にしまいますか?黒鋼よ。(笑)
結局、拳で壁破壊でキーシム登場。黒たん態度でかいですが、小狼は礼儀を忘れません。でも、結局通してもらえず闘うわけですが。酸攻撃はキッツイですな。
いつの間にかモコナがいない?と思ったら、ちゃっかり小狼の懐に・・・。にょっと出てくるし。(^-^;)
二人にうながされて、小狼は先に進みます。一方その頃、サクラちゃんとチュニャンも領主の館へと・・・。
先を急ぐ小狼たちの前に、秘術でムキムキになった領主の息子がっ!って、もっと他の強化の仕方があるだろうに・・・、更にアタマ悪そうにみえるぞ。
次回に続くっ!ですね。来週で決着つくのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »