« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第7話「アブソリュート・ディフィート」
今朝、すさまじく眠く、テレビを付けていたにもかかわらず、OPの途中まで意識がありませんでした。(^-^;)
「レントンにしか出来ない任務」と聞いて「ドッキリでもしかけるのか?」と思ったら、その通りでした。(笑)
しかし、スゴイよレントン!あそこまで行くと、天然通り越してるよ!!
個人的には、ドッキリってあまり好きでないのですよ。観ていて仕掛けられてる方が、不憫に見えてくるので。
今回、意外と言えばムーンドギー、無口なイケメン君かと思ってましたが・・・、激しく訛ってるいじられキャラだったとは・・・。
しかも、みんなの新たないじられキャラとなったレントンに対し、嫉妬していたって・・・。
最後には、何か妙な方向にレントンを認めてましたが・・・。意外性では、ダントツだったかも?
今回も、ラストに新たな謎が増えました。「コーラリアン」とは一体??
次々と出てくる謎!寝起きの私の頭が付いていけるのかっ!?・・・かなり不安。

え~、どうも『NARUTO』で小林沙苗さんが、オリジナルの忍者の声をあてられるとの情報を得たので、今後観ようかと思っています。
問題は、こちらは放映がずれているので、いつから出るのかイマイチわからない事と、6時半起きになる事です。(-_-;)
『NARUTO』と言えば、ウチの姪っ子ちゃん達が大好きなのですが、来月、お姉ちゃんの方がお誕生日なので「プレゼント何が欲しい?」と尋ねたところ「『NARUTO』のサクラグッズが欲しいな」と・・・。
おばちゃん一瞬「罰ゲーム?」とか思っちゃったよ。
てなワケで、アニメイトにグッズ買いにいかなきゃなのです・・・。
ここ数年、CDと本の購入先最終手段としてしか行ってないな・・・。つい最近『舞-HiME』のアンソロ買いに行ったけど。
取り合えず、アニメイトのHPでグッズ情報とか確認しとこう。うん。

明日は出張。うう~、月末にするなんて嫌がらせかよぉおぉぉ~!
新幹線での暇つぶし用に、先週購入した『銀の檻を溶かして』の文庫持って行こう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美術館へ行こう!

もう、昨日になってしまいましたが、ひろしま美術館の特別展「描かれた禁断の果実[りんごの秘密]」を、観に行きました。

はい、りんごなのです。
物語の中のアイテムとしてのりんごや、静物としてのりんご等、国内外様々な芸術家のりんごが沢山でした。
物語は、やはり「アダムとイブ」が多いです。あと、ギリシャ神話からの「パリスの審判」。
静物は、モチーフとしてポピュラーなのもあり、主役から脇役までと様々で、描く人によって同じ様で違ってその辺り面白いです。
掛軸でもあったのが、結構驚きです。
肖像画に、ってのもありました。ポップアートでも。
あと、立体。ガレの花瓶とか、本当に綺麗です。(^-^)
ミュージアムショップも、りんごです。通常の絵葉書や、リトグラフとかだけじゃなく、ジュースやジャムまでも。

こーゆー感じの、楽しくて好きです。はい。
次は「アンデルセン生誕200年展」が開催されます。絵本の挿絵とか色々展示されるようで、こちらも楽しみです。
自分では、ここ数年絵を描いていませんが、観るのは好きなのでちょくちょく行くようには心がけています。
今年は、興味ある特別展が結構あって嬉しい限りです。最低、あと3回は美術館行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ゆめのつるぎ 少年頼朝の巻』読了

はい。『風神秘抄』を読破した勢いで、「よしっ!このまま平治の乱繋がりだっ!!」とばかりに、購入していた若木未生さんの『ゆめのつるぎ 少年頼朝の巻』を読破しました。
どちらも、時間軸がほぼ一緒で、歴史物と言うよりはファンタジー作品と共通点が多いです。あと、後白河上皇が何だか怖いトコも。

かなり、楽しく読ませていただきました。平清盛が、かなりお茶目なオヤジでステキ。(笑)
さあ、今回は頼朝がかなりうちのめされた所で終わってしまいましたが、次はどのように展開するのか?
史実と創作が混じるわけですから、ある意味先の読みづらい作品かもしれないですな。

付録として、平安京、内裏、平治の乱から落ち延びた後の足跡の地図があるので為になります。
「あ~、「青墓の宿」ってここか~」とか。(^-^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第2話「月読天文台とオカカ婆」
物語冒頭、公式HPにて流れる小学1年生の頃の歩の作文?が出ましたね~。物語の鍵の一つと言ったところでしょうか?
前回、意味深長な事を言った美玖を探して、歩はマウンテンバイクで町中を走るのですが・・・。
その間も、オカカ婆を探す亮介が出ますが、彼がオカカ婆と対決しようとする理由ってのも、まだ不明ですよね、よく考えてみたら。一体どうやって決着付ける気なのかも謎。でも、非情に意味ありげ。
前回も「?」となって、今回も「?」なのが潮音。何と言いますか、不安定そうな娘ですよね。
美玖は、今回も意味深長な事を言いますね。
この子は、何をどこまで知っているのか?オカカ婆並みに謎かも。
美玖の発言により、田菜の町に過去歩が来た事があるのがわかります。そして、歩が退屈で、しかも他人との交流を積極的に求めないにもかかわらず、田菜の町から去ろうとしない事もそ辺にあるのかも?
まだまだ、謎が提示され続けている感じなので、頭の中整理しておかないといけないようです。
わっは~、次回も楽しみです。

『今日からマ王!』第48話「逆襲、大シマロン!」
大シマロン、やはり真魔国をほっておかないようで、今回は真魔国のみ狙った陰謀が渦巻くようですね。
今回、簡単には「魔王モードで一気に片ツケます」って事にはならないようです。
ラスト。おい!有利がアーダルベルトにさらわれちゃったよ!?どうする気??

『ツバサ・クロニクル』第8話「神の愛娘」
今回は、タイトルにカタカナがないので、オリジナルストーリーのようですね。
メインは、サクラちゃん。彼女の不思議な能力の一端が垣間見れます。あと、優しさも。
しかし、流石と言うか小狼、「サクラの為なら、例え火の中水の中」です。躊躇しない所がスゴイ。男らし過ぎるよキミ。
領主の力の前に、一度はあきらめた町の人たちが、再度結束します。来週あたり領主と直接対決始まりそうですね。
今回の話でも、最低っぷりを披露してくれましたな、領主・・・。さあ!遠慮せず早くドカ~ンとやってくれたまえ!
アップの作画がキレイだな~っと思っていたら、今回の作画監督は、キャラデザの方でした。通りで。
今回も視聴時は、(以下略)。
次回予告にアノ人がっ!?やっぱり、世の女性を助けているのか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

木曜日のアニメ視聴

『トリニティ・ブラッド』第5話「Yesterday,Today and Tommorrow」
今回は、放送時間に変更があったので、木曜のアニメになりました。

ローマへやってきた、アベルとエステルですが、早速アベルはヘタレっぷりを炸裂ですね~。IDカード無くすかい。
個性豊かなAXメンバーも何人か登場して、画面も賑やか。エステルは面食らうばかりですが。(^-^;)

アベルの過去話も出てきましたね。やっぱり、今と同じ姿なんですね、アベルって。あの女の子って、やっぱりカテリーナなのでしょうか?随分貫禄がついて・・・。でも、今回の作画はカテリーナの縦ロールに迫力が足りませんでした。(笑)

あと、教皇は随分若そうと思っていたのですが、本当にまだ少年と言っていい年代のようですね。あんなに声をしゃくりあげて泣いてるのにはさすがに驚きました。
エステルは優しい娘ですね。シスターだけあって慈愛の精神が強いのもあると思われますが。

今回は、かなりラクに観れました。視聴者への息抜きの回でもあるのかも。ちょっとホッとしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『風神秘抄』読了

はい、昨日購入した『風神秘抄』読み終えました。

昨日、ちょっとキリの良い所まで読んで、今日一気に読み終えました。
良かったです。面白かったです。読み終えるのがおしい気もしつつ読みました。
新刊が出る事を、作者である荻原規子さんのHPで拝見して以来、待った甲斐がありました。
登場人物も魅力的ですし。草十郎と糸世、鳥彦王はもちろんの事、あとりとまひわもお気に入りです。(^-^)

荻原さんの作品なので、「ラストは絶対ハッピーエンドだっ!」と確信していても、途中の展開にはハラハラさせられました。
そして、爆笑もしました。P267とか。(^-^;)

話の内容については、まだ読まれていない方もいるでしょうし、ストーリーについては触れない事にします。
話の舞台としては、平安末期の「平治の乱」あたりになります。
まだ荻原規子さんの作品を読まれた事が無くて、日本を舞台としたファンタジーが好きな方には是非とも読んでいただきたいです。
この作品単独で読めるのですが、なるべくなら『勾玉三部作』と呼ばれる『空色勾玉』、『白鳥異聞』、『薄紅天女』も読んで絶対に損の無い作品です。
児童書にカテゴライズされていますが、ライトノベル世代にも読める作品だと思われますので、是非。
特に、今なら新刊が出たので再販されてますので、入手するには絶好の機会です。(笑)
図書館でも良いので。

所で、読み終えてしばし時間が経って「あ、今回女装ない」を思ったボケは私だけでしょうか・・・。すみません・・・。(ToT)
ちなみに荻原さんの作品登場人物の中で一番好きなのは稚羽矢・・・。別に、初登場時が女装だったからとかでは無く・・・。ヲイ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第6話「チャイルドフット」
今回は子供たち大暴れでした。(レントンも含まれる)
レントンへのいたずらっぷりは、すごいです・・・。子供が実行出来て、何とか許される最大限の事はしてますな。「途中で気づけよ」とも思いますが。(笑)
まあ、最後はお互いを理解出来た上に、エウレカともまたちょっといい感じになって、良かったな少年。
それにしても、あのシステム復帰にどれだけかかったんだろう・・・。
あと、LFOって武装してなくても格闘戦以外も出来るんですね。あのトラパーの波に乗っている際に現れるエネルギー(?)自体に攻撃力があるんですよね?
今朝は、大分頭が寝とぼけていたので勘違いじゃないですよねぇ・・・?
ラスト、ホランドがまた意味ありげな・・・。謎ばかり増えていく・・・。

『雪の女王』第1話「カイとゲルダ」
え~っと、一応観てみました。
やはり、思い入れの強い物はあまり観ないほうが良いのかもしれないと思った次第です。はい。
仲村トオルさんのナレーションは、何やらドキュメンタリー番組を観ている気分になりました・・・。
千住明さんの曲は良いです。OP曲も綺麗です。兄妹共演。
あ~、ちなみにアンデルセン童話の中で一番好きなのが『人魚姫』なのですが、ディズニーの『リトル・マーメード』は全くの別物と思ってます。
あんな、トロピカルでアメリカンなハッピーエンドは認めぬ!認めれぬのですよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

『絶対少年』第1話「憂鬱で奇妙な夏の始まり」
おお~!始まりました。OPはポップで且つ謎めいて良い感じです。ED曲が伊藤真澄さんなのも嬉しいです。
画面の色合いが、何と言いますか夏の日差しを受けた色合いだなと思いました。
ギラギラの原色ではない、日に焼けて色あせした感じと言いましょうか。(褒めてます、一応)
透明水彩で描かれた様な、背景も画面にあってます。
主人公の歩くん、不登校児との事で村の人たちへの対応とか見ても、社交性に欠けた感じが出てますね。一旦、躊躇する感じが。
でも、両親は離婚していて親権は母親にあるようで、夏休みに父親の元へ来ているようです。(マウンテンバイクが交換条件のようで)
ラスト付近で謎の少年、わっくんも登場し、退屈な日常から、一歩踏み外した所にある「不思議」の戸口へたどり着いた所で今回は終了と言った所でしょうか?
第1話目なので、メインキャラの性格とか、人間関係の一部を見せてます。(本当に一部といった感じ)
動物キャラもいい感じです。ロクかわいいな~。オカカ婆謎っ!
「日常と背中合わせにある不思議」、そう言った雰囲気の作品はとても好みなのですよ。
まだまだ始まったばかりですので、楽しみに観ていきます。はい。(^-^)

『今日からマ王!』第47話「いのちの証」
今回はグウェンダルの過去話。
少年時代のグウェンダルに驚く私。やっぱり眉間にシワ寄せてるよ。しかもこの頃から、編みぐるみ作りしてたのか・・・。
アニシナも昔からアニシナでした。(笑)
子供時代とか出されますと、私には少し反則です。(笑)
あ~、でも今回良いお話でした。コンラートの父であるダンヒーリーに対しての想いとか。うん。

『ツバサ・クロニクル』第7話「砕けたカタミ」
今回から、高麗国編です。
領主の馬鹿息子にいきなりケリか?小狼。サクラちゃん絡むと容赦ないなキミは。
チュニャンに、「密偵衆」(「暗行御使」じゃダメなのだろうか?)と間違われてしまった一行ですが、その際のモコナの『水戸黄門』発言で、今回のストーリーは大体把握出来た気がします。(笑)
サクラちゃんの記憶の羽根は、やっぱり領主が持ってますね。汚いおっさんが持ってると腐りそうなので早く取り返して欲しいものです。ヲイ
わかり易い悪役だと、早くこてんぱんにやっつけて欲しい気持ちになれるなぁ~。
今回も視聴時は、ヘッドフォン使用。もうデフォかい?

| | Comments (5) | TrackBack (1)

金曜日のアニメ視聴

『トリニティ・ブラッド』第3話「The Star of Sorrow II. Hunters' Banquet」
「星」って、ロストテクノロジーの軍事衛星だったのですね。
ディートリッヒもやっぱり死んでなかったです。「死んだフリは楽しかったよ」って、アンタ蜂の巣だったじゃないですか。
笑顔が邪悪でしたなぁ。やってる事も邪悪ですが。

ジュラもエステルも、お互い復讐心からの行動なわけですね。ジュラは行き過ぎでしたが。
それにつけても、何故に亡くなった奥さんのドレスをエステルに着せますか?
ラストで、ヴァンパイアと人間の共存を望むようになったエステルですが、これからイロイロ話に絡んでくるんでしょうね。

ところで、「星」の暴走を食い止めるため、アベルが解除を行うシーンがありましたが、セリフが早い上に長いので今ひとつ理解出来てなかったりします。
アベルって、軍人でもあるわけですか?
う~ん、小説読んでいないとわかりにくい作品なのでしょうか?購読の踏ん切りがつかないんですよね。(^-^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第5話「ビビット・ビット」
昨日、回転寿司に行ったら有線で、OPが流れていました・・・。
前日の「ループ」といい、続くな・・・。

相変わらず、よくわからないままに観続けてますが、監督さんのインタビューで「観続ける事で徐々にわかってくる」とか、そのような事をおっしゃられていたのを見たので観続けてます。はい。
しょっぱなでレントンいきなりゲロです・・・。朝っぱらからよくもしてくれたものですな。
でも、先週までは特に酔ってる様な描写は、無かったように思うのですが?
「少年をからかうのに、ランジェリーショップに連れて行くお姉さん」って、お約束なのでしょうか。
でも流石に黒とか紫とか赤はやらないか、タルホ。
イジワルだったり、カワイイトコ見せたりと、今回タルホメインですか。潰れたリングをペンダントにして喜んでる所は、特に可愛かったです。
エウレカが「機械の言葉がわかる」って事、コンプレックスに思っているフシがあるみたいですね。
レントン、今回はちょっと男を上げた感じですね。でも、やっぱり最後に吐くんかい。(^-^;)
例えアニメでも、朝一にゲロ吐きはやめていただきたい・・・。
何つーかこー、酸っぱ苦い感覚がよみがえるので・・・。
それにつけても、今の所全く作画レベル落ちてないですねぇ。

ちなみに、私はリアルタイムで視聴しております。ビデオは、ほとんど録画しません。
録画すると、安心して観なかったりするのですよ。
おかげで、最近土日が早いよぉ・・・。

来週から『雪の女王』が始まります。
取り合えず、1話は観てみようかなぁ?アンデルセンの童話は好きなので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

『学園アリス』第27話「友情は☆エンドレス」
次回予告の時点で、オチがわかってしまったので観てる最中も何と言いますか・・・、最初から半分しらけた状態で見てしまいました。
最終回だと言うのに・・・。(^-^;)
まあ、「こう閉めるんだろうなぁ」と、思ってた通りで何ちゅーか・・・。
面白い事は、面白かったです。ナル先生良い事言ってくれるし。
それにつけても、蜜柑は最後まで(打たれ)強い子でした。

来週から『絶対少年』が始まります~!
実の事を言いますと、この春から始まる作品の中で一番期待してたりするので、あんまり裏切らないでね。
脚本の伊藤さんは、「引きこもり」とか「不登校」とかの主人公が徐々に他者と接触していく話を作るの好きなんでしょうか?
キャラクター原案の戸部さんも、コ○パ○ル時代からチェックしていた方なので、その辺りも嬉しかったり。

『うる星やつら』「竜之介登場!海が好きっ!!」
あまりに懐かしくて、つい書いてみた。(笑)
思えば、竜ちゃんは私の初萌えキャラだと思われる・・・、その頃「萌え」なんて言わなかったけど。
「一体何年前の話だ!この年寄りがっ!」とか思わんでくれい・・・、20年以上前か・・・。(死)
原作の2話分を1話にしてるんで、話の密度が高いです。
やっぱり、男らしいなぁ・・・竜ちゃん。
観ていてついつい、『舞-HiME』の晶が脳裏をよぎる・・・。アホだ私・・・。
それにしても、こんなに早く竜ちゃん出てたかなぁ?話飛ばし飛ばしなのだろうか??

『今日からマ王!』第46話「森の巫女」
現在は「禁忌の箱」編とでも言うのでしょうか?何だかここ最近は、惰性で観てる感じになってきています。
パターン化されてる感が強いからかもしれないです。う~ん。
今日の話は特に感じてしまいました。
自分だけかなぁ?

『ツバサ・クロニクル』第6話「泣かないナミダ」
小狼か~っこいい~。
いや、本気で思いましたよ、今回。
ついに、小狼のバトルですよ。えらく待った気がする・・・。
巨大サンユンじゃない、正義の巧断が暴走するのは見た目マヌケでしたが。
己の身を省みずに挑む小狼!かっこいいよ!男だよ!主人公だよっ!!(最近ヘタレが多いから余計に・・・)
やっと、本格的にサクラちゃん目覚めましたが、わかっちゃいたけど「あなた・・・誰?」のセリフは切ないですわ。
その後の小狼も・・・、あうあう~。
今回で、阪神共和国編終了ですね~。さあ次だ次!
あ、今回星火ちょっとセリフあった。(小林沙苗さんのおっかけかい)
今回も視聴時は、ヘッドフォン使用。(笑)
そうそう、昨日、ファミマに行ったらEDの『ループ』が流れてきて驚きました。

番外
今日、ゲーム誌を立ち読みしていたら「『舞-HiME』の雪之がいる!?」と思ったら『サイバーフォーミュラー』の新作ゲームのキャラでした。(笑)
髪型が似てたんですよぉ!線画なので、色がついたらイメージ変わるかもしれませんが。つか、顔つきは大分違いましたが。
で、ウワサの遥似の娘さんも初めて見ました。あと三人くらいキャンギャルのグラフィックがありました。一人くらい『舞-HiME』の続編に似た娘でるんじゃないだろうか?
あ~、くノ一なキャンギャルまでいましたよ。晶の忍装束がセクシーになった感じの衣装でしたわ。
ちなみに『サイバーフォーミュラー』は観た事ないです。
厳密に言えば、数回ちょっとだけ観ました。(丸々1話観た事無い)
アスラーダーが「理解不能、理解不能」と連発してたトコしか記憶にないのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金曜日のアニメ視聴

昨日、何度か試したけどココログにつながりませんでした・・・。何故に?

『トリニティ・ブラッド』第3話「The star of sorrow I. city of blood」
今回で、エステル登場です。
「やぁ~っと若い娘さんが出るなぁ」と思ったら。いきなりシャワーシーン?
まあ、これはサービスと言うより、エステルの星の痣を見せる為なのでしょうか??うん、そう思っておこう。

今回も、登場時はヘタレなアベルですが、何故に彼はいつもビンボーなのでしょうか?運命?
公爵が手に入れようとして、またアベルが探しに来た「星」って、やっぱりエステルの事でしょうか。
うう、何かすごい娘なのでしょうか?

ラストシーンは、連行される中教会を焼かれ、エステルが絶叫する所で終わりましたが、来週どうなるの?
特に、ディートリッヒってアレだけ?あれだけ意味ありげで?どんでん返し有り?

・・・原作は、読んでみた方が良いですかねぇ。興味はあるのですよ、
アニメ化されてるワリに、近所の本屋には置いていないのです。同じ角川でもビーンズ文庫はやたら置いてるのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お誕生日おめでとうとかイロイロ

今日は、晶のお誕生日です。
14歳おめでとー!晶ーっ!

ケーキでも買ってお祝いとも思いましたが、先週食べ過ぎたので控えましたら、帰宅したら頂き物で某有名店の焼き菓子の詰め合わせがあり、そちらを食べつつ「おめでとー、晶ー」と食べてました。

で、サンライズの公式HPを見に行ったら内容更新されてました。
ついにキャラソンの内容がっ!ジャケットがっ!って、晶はイロモノですかーっ!予感的中ーっ!!(ToT)
「初恋方程式」は解けないまま、あらぬ方向へ解を求めに行ってしまいました・・・。
他のキャラも、「初恋」な歌がひとっつもないって所が・・・、アルバムタイトル変更した方がいいと思う。
発売当日は、『阿修羅姫』と一緒に購入します。
同時に出すと、ものすげえなジャケットが・・・。
取り合えず、1回聴いたが最後、即封印したくなるようなアルバムで無い事を祈っています。

DVD情報も更新されてました。
DVD VOL.7の特典映像がちょっと公開されていました。
ああ~っ、晶(小学生)が同級生と思われる女の子達を羨ましそうに見てる姿がっ!!
やっぱり、女の子な格好とかしたかったのね・・・。楽しみにしておきます。
巧海はやっぱり舞衣とお風呂入ってる所なのか・・・。
ジャケットはまだ不明・・・、ここで出なかったら晶はもうジャケット登場はないな・・・。覚悟だけはしておこう。

未だ、ゲームを購入すべきかどうか迷っています。
面白いんですかねぇ・・・。アリプロがゲーム主題歌する事もそうないだろうから記念に買ってしまおうかとも思ったり。(^-^;)
どちらかと言えば『サクラ大戦V』を買ってしまうかもしれない・・・。

本日、今週の『チャンピオン』を見ました・・・。
何だかスゴイ展開になっています・・・、もうついてけねえって感じで・・・。アハハ・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっとのこと・・・

ぼちぼち読み進めていた『続巷説百物語』を、読了しました。
一体、どれだけかかってんだって感じですが、風呂やトイレでぼちぼち読むという読み方をしてるので、まあ、なかなか進まないわけです。毎日読んでたワケでもないですし、途中で雑誌やら何やら読んでますし。

とりあえず、これから読む方は先に『巷説百物語』を読んでいた方が良いです。更に言うと、横に置いておいた方がいいかもしれません。時系列が順番になっているワケではないので。
いや~、でも面白かったです。はい。
さあ、『後巷説百物語』はいつ文庫化するんだろう?

んで、現在早速つん読状態だった『嗤う伊右衛門』に取りかかっています。
・・・順番がおかしい気がしますが・・・。

今月は、20日(こっちは21日くらい)に荻原規子さんの久々の新刊『風神秘抄』が出るので、それまでには読んでおきたいところです。
『白鳥異聞』に迫るページ数との事なので、覚悟しています。
つか、『白鳥異聞』は1日で読みました・・・。夜の10時くらいから読み始めて、朝の4時に読了・・・、しかも中盤で大泣きしながら読んだなあ・・・。
ちなみに、もちろん仕事がある日でしたよ。ええ。
今回は、休日なので安心して読みます。完徹しても大丈夫!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第3話「ウォーターメロン」
・・・西瓜?出てこなかったけど・・・??
何か、よくわからないままに観続けてますが、それなりに面白いです。
何となくはわかりだしました、多分。
レントン悩みっぱなし。
新参者だから立場弱いし。
でも、ちょっとした事で機嫌が良くなる辺り、単純ですな。
このまま、レントンのモノローグが多いようだったら、睡眠をとってしまうかもしれない・・・。


今日は、珍しく早く目が覚めたおかげで『BLEACH』と『NARUTO』観ました。
『BLEACH』は初めて、『NARUTO』2回目です。
どちらも原作は読んでいないので、話にはついて行ってないですが、案外楽しめるモンですね。
ちなみに前者は朝5時、後者は朝6時半です・・・。
起きて観ている人間は一体どれだけいるんだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜日のアニメ視聴

土曜日のアニメ感想、その日の内にあげたかったのですが、持病の偏頭痛が・・・。久々にキツかった。

『学園アリス』第26話「学園を取り戻せ☆」
サーカスの動物達大暴走!流架ぴょんも洗脳されたまんま・・・。
鳴海先生もケガして、一体どうなる!?
と、思ったら・・・あっさり棗が舞い戻ってきました。
レオも結局退散で、案外あっさり。
しかも来週で最終回です。
う~ん、結構面白かったのにちょっと物足りないかも。
でも、次に始まる『絶対少年』に期待してもいるので。(^-^;)


『今日からマ王!』第45話「許嫁VS婚約者」
有利にお見合い話と思ったら、実はヴォルフラムの許嫁?でしたね。
まあ、結局お見合い話はナシになりました。
アニタの「お母さんが欲しい」発言は可愛いと思いましたが、その後の「ウチはお父さんとお父さんだから」(だっけ?)には苦笑。

『ツバサ・クロニクル』第5話「魔術師のバトル」
今回は、ファイの見せ場ですね~。
鳥の姿の、巧断はキレイです。
バトル時でも、飄々とした態度を変えない所が彼の良い所でしょうか?
でもプリメーラの声を聴く度に、脳裏に「お兄ちゃま~」が響いてくる。(死)
ついでに、空汰が話す度に、つい『舞-HiME』の迫水が脳裏を横切る・・・。
更に言うと、黒鋼の声だと某大道芸人侍が脳裏を横切る・・・。
いよいよ。来週は小狼と省吾のバトルですね~。楽しみ。
あ、今回視聴時、音楽も楽しみなのでヘッドフォン使用しました。やっぱり曲良いです~。
サントラは7月だそうですね。楽しみ。


ああ、あと種ガンDも観はしたのですが、まあ、たまにしか観てない上に、まともに観てないです。はい。
どうもイマイチはまり切れない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『舞-HiME』DVD vol.3視聴

最初、半分くらい作ったのですが、文章吹っ飛びました・・・。
悔しいので、テキストで作成後コピペすることにしました・・・。うがーっ!!
しかし・・・、随分と長くなってもーた。

今回のDVDジャケット、「中等部三人娘」ってトコですか・・・、晶はハブですか。そうですか・・・。
でも、折角のジャケットなのにあーゆー表情な詩帆って・・・。だから不幸キャラ?

特典の「HiMEくるカレンダー」は、各HiMEの個性が良く出てますね。
碧ちゃん、遺跡発掘から新学期までにちゃんと帰ってこれたの?肝臓は大切にね。
でも何故に晶の字のみ印刷くさいのですか?晶は硬筆検定で段位習得済みなのですか??
それよりも気になるのは、まだ男子として通学してるの?巧海と同室のままなの!?大丈夫なのっ!!だって大分大きくなったんでしょ?オバちゃん心配よっ!!
奈緒のも彼女らしいですね。ところでこの娘出席日数は大丈夫なんでしょうか?なつき並にサボってません?
舞衣の予定は見ていて不安になりました・・・。アナタ成績赤点ギリギリでしょう?大学行く気もないでしょう?普通科行くより商業科に進学した方が良かったんじゃないだろうか?卒業後就職するつもりなら。(そう言えばラブコメで商業科って聞かないな)
そうそう、このカレンダーみて風華の地がどこなのか気になったのですよ。
だって遠足で萩に行ける地域って、中国地方くらいしかないし。普段は、「フィクションの地域限定しても」の考えなのですが、さすがに近場だと気になるのですよ。


第6話「もえる十七歳(^^;)」
今回、一番の見所はやはり碧ちゃんにつきるでしょう!
三人の巫女姿のインパクトを、軽く吹っ飛ばすインパクトです。
つか、三人の巫女姿が私のアンテナに全く引っかからなかったのもあるのですが。(爆)やはり、巫女と言えば、黒髪ストレートのロングで色白で清楚。コレです!!
更に、舞衣の巫女姿が私的には一番アレでした。萌えられた方すみません。(^-^;)
やはり、巨乳には和服は合わないのですよ。ラインが美しくない。だらしなく見えるんですよね・・・。実際の所、胸の大きい人はサラシで押さえたりもするそうですし。
あと、袴がちゃんと女性用になっていた点に感心。多分『うる星やつら』のサクラさんのせいだとは思うのですが、男性用の袴で描いてる方多いのです。女性用の袴は、ロングスカート状態だぞー!
・・・いや、これ以上巫女トークもなんですので、本編。

アバンからして、既に碧ちゃんでばってます。しかも、既にエレメント持ってんじゃん。あのヘルメットは自前?
あと、5話で男とイチャついていた奈緒がその後、何をするか・・・の最終段階一歩手前も出てます。(^-^;)7話への伏線で、後で命が奈緒のお仕置き後を不思議そうに見上げてるシーンもありますし。2回目で何の事かわかりましたわ。

詩帆、可愛いんだけど報われない・・・。無邪気に、且つあけっぴろげなアプローチ。また、不安を隠そうとせず、舞衣本人へぶっちゃけるし。この辺は、少女らしいエゴのかたまりと言える恋心の典型ですね~。
でも、舞衣も舞衣だよ、安請け合いしすぎ。
楯も・・・、わかってもいるんだろうけどねぇ・・・。小さい頃からを知り過ぎなのもあるだろうが、もう少しあしらい方上手けりゃちがうんだろうになぁ。
やっぱ、この二人って似た者同士。
あと、シスコンと言われて、声を裏返して否定する巧海がかわいいな~。

そして、やはり碧ちゃん!
ファミレスでの、あくまで「じゅうななさい」を主張し続ける姿(声もじゅうななさい)、バイト希望のおねだり時の舞衣とのやりとりも大好き。
その前のシーンで、深優に異様におびえコップを割ってしまったあかねちゃんに対して、迅速にモップとちりとりを持って行った碧ちゃん。
さすが割り続けて手際がよくなりましたね。片付けるのの。
「蔵の中に何故に瓶が転がってる?」と思ったら見事にすっ転んでくれました!お約束を忘れない!そんなキミに乾杯!!
しかも、自分の本来の目的を忘れ、延々古書を読みまくるそんなアナタの姿は・・・人事に思えません。ヲイ
でも、こんな所でもあかねちゃんの不幸は始まっているのね・・・不憫。

翌日もやはり碧ちゃん!
一人ツッコミ後の一人反省会。(しかも即終了)やっと本来の目的へって所で舞衣登場。
凪は、まるで舞衣が封印突破したように言ってたけど、どうみても主犯は碧ちゃんです。
洞窟の中に、HiMEにまつわると思われる壁画が出ていましたが、こちら後々何なのか明かされるのでしょうか??

復活オーファンとのバトルにて、颯爽と何故かファミレス制服で現れる碧ちゃん・・・。どこで着替えたの?これは不毛な質問?
アナタ絶対子供の頃、ヒーロー物の特撮観て育ちましたね?更にヒーローごっこしてましたね?
クサイ台詞も恥ずかしくなんかないわっ!ってな感じで。3人が恥ずかしそうでしたが・・・。
ノリノリでバトルしているキミはかっこよいです。顎天王もかっこいい!曲もこのバトルのみだし。
自分の正義を信じて疑わない所が、彼女の強さだと思います。
そして、最後に臨時講師として現れるアナタ。顔知ってるメンツの驚く様がまた良いわ~。
う~ん、碧ちゃんHiMEの中で2番目に好きよ☆

映像特典「詩帆とお兄ちゃんドキドキ」
詩帆の楯を思う、可愛い所がよく出てます・・・、あのカエルですか?アナタの後の凶行の一端を担ったのは・・・。


第7話「迷子の仔猫たち」
今回、ちょっと作画がイマイチ。ちょっと引き気味になるとかなり顔がくずれるんですよ・・・。
アップはそうでもないのにぃ。

今回、観てやっと命のじい回想シーンにて一番地らしい男たちが控えていた事に気づきました。ニブイ
しかし、兄上を「目印・長髪」で探してたのか?兄の年齢からすると各高校を探した方が良いと思うが・・・。まあ、命だし。

今まで、いつも違う男といちゃついてる様を目撃され続けた奈緒が本格登場ですね。
男相手にぶりぶりしてたのが、豹変!中学生で美人局しますか!アナタ!(^-^;)犯罪だぞ~。
ジュリアはいきなり出てますね。チャイルド召喚シーン楽しみにしてる自分は少しサミシイ。
この後、命とバトったようですが、二人ともよくあの程度のかすり傷ですみましたね・・・。途中で和解?

この回で、奈緒に触発されたのか命、舞衣に反抗期です。
まあ、命が世間知らずの上に社会道徳も皆無に近いので、舞衣が子供扱いしたくなるのも無理ないんだけど。
奈緒の口車に乗って、一緒に男誘う時も道徳的と言うより、あくまで戦士としての目線で奈緒に意見言ってるんですよね・・・。

ああ~、そう!今回の晶。(コーナー?)
最初の登場シーン、ちょっと顔変でしたがそれ以上に胸部に膨らみがある点が気になって気になって仕方がありません。(死)
この段階で、巧海とはもう友人関係になってますね。それほど細かく描写しているワケでもないのに進展具合がわかる所が良い。
それにつけても石上。あんた巧海にまでモデル頼んでたんかい?その横で「またかよ」って表情を晶がしているので、きっと晶にも頼んだんでしょうな。
よほど勧誘しつこかったんでしょうね。だって、会議室に二人が到着した時には、大分議題進んでたようですから。
あ~、ここの扉を閉める時の晶の仕草がかわいいっすよぉ~。(^o^)

楯が、詩帆と同伴時に舞衣に、買い物付き合ってやってくれってシーンあるじゃないですか。
私、このシーンの楯って無神経ですっげえ嫌いです。初回で観た時も腹立ちましたよ。
舞衣も、この時点で心理状態が微妙な感じですよね。楯が気になって行く過程って結構描写されていることはされてるんですけど・・・。
ここで、凪からの情報で命の身が危ないと知って、バイト先でも気になっている最中に、あかねちゃんが決心した事を舞衣に告げますよね・・・。
思わず「ダメだぁぁぁー!いかんっー!」と画面に向かって言っとりました。

結局、保護者舞衣も街に出て命探しをしてる最中に、神崎一行と遭遇して、命探しのお願いをする時。
舞衣の神崎に対する感情って、あくまで「憧れの人」って感じですね。アイドルにあって声をかけてもらって嬉しいって感じの。
あと、この辺りの会話でも舞衣の性格出てるなと。
巧海に対しては、あくまで身体の気遣い優先。元々の関係の無い神崎へは礼。そして、面識が無いに等しい晶に対しては最後に謝罪で呼び方も「尾久崎くん」。
この作品の、特徴の一つですよね、相手の呼称でキャラ同士の人間関係がわかるようにしてる所って。細かい。
でも、一番の問題は夜の繁華街に中学一年生二名を放り込む事だと思うのですが。(^-^;)補導されてたりして。
ところで、あの高級フランス店で巧海と晶はちゃんとテーブルマナー出来たのでしょうか?皿はキレイに無くなってましたが。
それにつけても、ここでの晶のぴよこ顔がかわええ。

結局、なつきと合流して現場に行くわけですが・・・。
まあ、この時点で覚悟が全く決まっていない舞衣にとっては、奈緒のような存在はキツイですよね~。
あ~、そう言えば、お仕置き途中で逃げ出せた男、一番地らしい連中に捕獲されてましたね?って言う事は今までも、奈緒がお仕置きしてきた連中は、みんな記憶操作されていたワケでしょうか?
・・・奈緒の行為、単に金品巻き上げてただけになるじゃん・・・。本人気づいてんのか?
一触即発状態の時に、出たぜ!正義の味方碧ちゃん!(泥酔状態)しかもこの場をうやむやにしたぞ!リバースする事で。(笑)
結局、凪の介入もあり、最後腹いせか工事現場の鉄骨を切りまくる奈緒!このシーンかっこええ!
ここで、命は舞衣に対して後ろめたさを感じて逃げようとしないんですが、ここは命にしては普通の感覚な気もします。
そこでのBGM「始まり~闇への招待」。他のシーンでかかる事もあるけど、1話とこの7話のおかげで、物が崩壊するイメージしか浮かばなくなりました。(^-^;)

ここで、かっこ良く命を救出して現れる神崎!どっから出たっ!?(愚問)
その後、ホームドラマよろしく舞衣と命の和解があり、冷ややかに見下ろす奈緒。本当は混ざりたかったんじゃないのでしょうか?彼女安っぽいホームドラマ好きなんでしょ?

最後に、罰掃除として教会へ行き、そこで初めてアリッサ登場のワケですが、舞衣は何の罰なのでしょう??
これ、わからなかったのですが?遅くに繁華街を歩いていたから??千絵とあおいは付き合い?
あと、ここで「It's only the fairy tale」がかかりますが、確かにこの時の歌声は呪文に聴こえる。

映像特典「奈緒の『世界を釣る』」
最後の奈緒の顔がむちゃくちゃコワイです・・・。


第8話「たいせつなもの。」
観る前から、この回で何が起こるか知ってたので、あかねちゃんとカズくんが出る度に、複雑な心境でした。

創立祭開催。命は、千絵・あおいにつれられつつも舞衣がいない事に不満げ。
で、その舞衣ですが・・・、さすが過保護!男子寮の巧海の部屋に看病に行ってます。
巧海、きっと大きな行事があったらその前後に熱出すタイプだね・・・。
・・・しかし、いくら弟が病弱だからって勝手に女生徒が入ってええんかい?私立のくせにゆるいなぁ。

ここで、今回の晶!(コーナー化?)
この時間に男子寮の、しかも部屋に向かおうとしていると言う事は、巧海の状態を気にして状況を見にきたのですね!?きゃー!
そしたらですよ、中からなにやら妖しげな声が・・・。気配を殺し聴いていると・・・「すわ!巧海の一大事!」とばかりに表情が真剣です。
部屋に突入し、曲者を捕らえよとしたら・・・舞衣。力抜けたでしょうなぁ・・・。
しかし、この時晶が手にした得物。物差はわかるのですが、もう一方はボディブラシ?愛用品??寮のユニットバスでひょっとして泡風呂やってるのい?と妄想が膨らみました。(死)
痴女かと思ったって事は、この学校腐女子だけではあきたらず、痴女まで横行してるのか・・・。腐れた名門校だな。
あとあと、ここでの見所は各自の座ってる位置。舞衣は、パイプ椅子ですが、晶は巧海の寝ているベッドです。
ここで、二人がもうかなり仲良くなっている事を示してます。そう仲が良くなかったら、自分の勉強机から椅子持って来ますよ。
その後の耳打ち「シスコン」発言後の「あ~あ、心配して損した」と言わんばかりの表情もグッ!!

後は、しばらく他愛もない様な創立祭を楽しむシーンが挿入されるのですが、その中でもあかねちゃん、決意をした表情が・・・。後の展開を知ってるだけに出る度に「ああっ」とか言ってました。
深優が出る度にも・・・。

図書館地下での、シーン。ここでの楯、あんた小学生か?気になる女子へちょっかい出す所がまんま小学生だよ。
怒った舞衣が、反撃で手当たり次第に蔵書を投げますが・・・、個人的には万死に値する行為です。
更に椅子を投げようとして、そのまま落っこちますが、その後の「鴇羽!」「舞衣さん!」「お姉ちゃん!」と叫んだ後に仲良く男性陣が落ちる様が笑える。

の後・・・、不思議です。何故後から落ちた神崎が舞衣の下にいるのでしょうか?楯・巧海組が別の場所に落ちてる辺りも・・・?
神崎が舞衣に彼氏立候補しますが・・・、やっぱり乳か?まあ、一目惚れって事なのでしょうが。
アイキャッチの時の、オーファン出現時の楯・巧海の恐怖マンガみたいな表情が笑える。
後半で、遂に舞衣が覚悟を決めてのオーファンとの戦い、そして同時に挿入されるあかねちゃんとオーファンとの戦い・・・、アリッサの歌とが流れる・・。
特にあかねちゃんの戦闘が・・・、もう観ていて苦しい・・・。
最初、オーファンが現れた時にいかにも意味ありげにマークが出たので「?」と思ったのですが。アレ、シアーズマーク?
舞衣の方はカタ付きましたが、あかねちゃんの方は・・・。絶叫がまた・・・。
ああぁ、後で復活するのわかってるけどやはり辛い・・・。その後の呆然とした表情のあかねちゃんがまた・・・。

この回で、初めてHiME能力の代価が大切な人の命である事が、視聴者側に知らされるわけですよね。
何も知らずに観てた方には、ショックだったでしょうね・・・。知っててもショックですし。うあぁ~。

んで、気になった事。
各HiMEのチャイルドって、全部封架の地に封印されてるのでしょうか?
舞衣や、あかねちゃんにはそれらしいシーンがあったので、固定されたチャイルドがいて蝕の祭の際に現れた(波動の近い)HiMEに受け継がれる物と考えるべきなのかと。
この辺り、作中じゃ説明されないようなので、ちょっと。

映像特典「あかねの告白」
あかねちゃん、かわいいんですけど・・・ですけどぉ!この話の後にはきっついよぉ~。

今回、私には晶の登場時間が15分以上あるように思えましたが・・・実時間そんな事ないだろうなぁ・・・。
体内晶時間は確実に存在する!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

本日のアニメ視聴

『トリニティ・ブラッド』第2話「ウイッチ・ハント」

今回は、心温まるお話でしょうか?
本人は望まないのに、自分の能力(接触テレパス)で周りの人間を殺してしまう幼い少女。心を開かそうとするアベルとのやり取り。
相変わらず、バトル時は冷酷非情ですが。

ロボ神父トレスにも情があるのが、結構びっくりでした。
・・・でも、引き金ひいてたよなぁ・・・。

今回のヴァンパイアですが、ハガレンのラスト思い出してしまいました。(^^;)
だって髪型とか、爪伸びたりするし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オススメな本

本日・・・、いや昨日、ある本欲しさに某大型書店に出かけました。
その本の題名は『にほんごであそぼ 雨ニモマケズ』。

はい、NHK教育の『にほんごであそぼ』の本です。
この番組好きなんですよ~。日本語の色々な文章を取り上げて、その取り上げ方がすっごく好きなんですよ。(^-^)
で、他の大型書店で出版されている事を知り買いに行ったのです。なぜその場で購入しなかったか・・・、それはそこの書店では購入ポイントが付かないから・・・。ヲイ

まあ、購入して家でゆっくり読んだのですが、解説もあって読み応えなかなか有りです。児童書コーナーに置かれてると思うのですが、大人が読んでも大丈夫です。親子で一緒に読んだり朗読するのが理想な本かも?

詩や、小説、古文、漢文、落語に歌舞、実に色々なところから紹介されていて、読んでも朗読しても楽しい本です。1,400円と少々お高い本ですが、妥当なお値段ではないかと思います。

日本語の美しさ、楽しさに触れてみようではありませんか!


え~、後、今回他にも目当てな本がありまして、そちらは『万葉集』。
ここ最近、やたら読みたくなりだしまして。
当初、岩波のを購入しようと思ったのですが、ぱらぱらっと読んだところ今ひとつちゃんと読める自信がないので、急遽、角川のビギナーズクラシック版に変更しました。こちらは、載っている和歌の数は少ないですが、解説とか読んで慣れた後に岩波版に行こうかと。(^-^;)
でも、ついでで『古事記』も購入してしましましたよ・・・。記紀神話はほとんど手を出していない状態だったので、いっちょ手を出してみようか?と・・・。

今回、マンガとかはナシで他にも雑誌とか購入したのですが、総額5千円超えてました・・・。うが~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『舞-HiME』DVD vol.2視聴

今度はvol.2です。やりますよ。やりますともよ。
ちなみに書いてるヤツについてですが・・・、
・『舞-HiME』未放映地区であり、映像としてはDVDでしか観ていない
・ストーリー自体はHPやムック等で全部知っている
・晶にめろめろ
です。まあ、これを踏まえた所で特に何もないですが。
ちなみに購入日当日「晶!待っててね晶!!」と、会社から某電器店へ突進しました。出るのは知ってたから・・・。

第3話「炎の舞/星の誓い」
ついに舞衣、完全覚醒ー!エレメント装着ー!!
まじ、強いですよねこのエレメント。打撃系の攻撃は無いけど特殊系で。(格ゲーじゃないんだから・・・)
何気に、凪が今後のHiMEバトルロイヤル展開を示唆する事言ってます。きちんと伏線張ってますね。この辺、脚本のほとんどが一人の人で書かれている事が強みなのでしょうか?
で、カグツチも封印を解かれたわけですが・・・、この時点でもデタラメに強いです・・・強すぎです・・・。一部とは言えども山が灰ですよ、灰。地球に厳しいチャイルド、カグツチ。

翌日、まあ、裏山があんな事になりゃ噂にならないワケもないですね。
わ~い!晶だ~!晶しゃべってるぅ~!晶もこの時点で、HiME関係者である事視聴者にバラしてますね~。ちなみにここだけ何度も繰り返し観てます。はい。
舞衣の方は、結局巧海がショック強すぎたせいか、記憶が曖昧で助かってます。ここで、覚えていた方が舞衣としてはラクだったかもしれませんね。話的にはイマイチですけど。
んで、真白に会って自分が転入出来た理由を初めて知る訳ですが・・・。まあ、やっぱり納得はいかんですよね。あくまで普通でいたいワケですし。命の保護者状態になった時点で普通から離れた気もしますが・・・。(^-^;)ホント面倒見のいい娘ですよね~。
ここで、命は真白を妙に嫌ってます。これも終盤への伏線なわけですよね?

で、改めて学園生活が始まるわけですが・・・。命の弁当が一番でかい・・・。巧海の弁当がちゃんと中学生男子サイズである事に何故か安心した私がいる。
わ~い!ここでもちょっぴり晶出てるよ~!無論、何度も観たともさ!アホ

映像特典「高等部1-A紹介」
あおいと千絵の画像、えろっ!!
ところで、風華学園ってランキング好き?「巨乳ランキング」と「美少年ランキング」があるのは判明してますが。


第4話「風のイ・タ・ズ・ラ」
それどころじゃないだろ・・・。>タイトル
なつきは相変わらず、男女問わず魅了しまくってますね。プロポーションとしてはやっぱりなつきバランス良いと思います。舞衣は、やっぱり胸大きいからバランスとしては良くはないです。まあ、個人的意見。
ここから、なつきのヨゴレ街道が始まるのですね・・・。不憫な娘。生徒会室へ向かおうとする様はかわいいです。しかし、静留はあなたにとってのドラえもんですかい?
武田はタイミングが悪いのか、運が良いのか・・・。まず、なつきと結ばれることは無いと考えると、運が良い気もしてくる。他の男子生徒は決して鑑賞することの出来ないモノを拝めたワケだから。

遥、突っ走り。ここで一番驚いたのはやはり雪之同様「ぶぶ漬け」の意味を知らずに使ってた事ですかね?
武田、やっぱりタイミングが悪~い。

下着ドロがオーファンの仕業とわかり、なつきが作戦を練るのですが・・・おいおい。
アレについての静留の「絶景どすな~」が今となっては・・・何つーかこー・・・。ねえ?

まあ、その後のオーファンとのバトルですが、かっこよくバトル曲が流れるのでかなりマヌケな状況である事に初回視聴時には気づきませんでした。(笑)
あ~、そう言えば思いっきりぶっ壊れた舞衣達の部屋、次の回では何事も無かったように直ってます。この辺はコメディーなのですね。今、BS-2で再放送をしている『うる星やつら』も、よくあたるの家や校舎が完全崩壊しても翌週には直ってたよな・・・。

この回は、前回までと違っていきなりコメディーの回ですね。なつきが一気にぶっこわれてしまって・・・。いや、面白かったですが。
あと、今回で碧ちゃん初登場ですね。声がじゅうななさいしてますね~。(笑)ああっ!それとあかねちゃんも今回で初めてセリフありましたね。姿はちょくちょく出てるから忘れかけてた。ごめんよ。

映像特典「静留・なつきを語る」
どこからどこまでが静留の妄想なのでしょうか?(笑)
これで、静留もHiMEである事を匂わせてますね。確かDVD発売時はまだ判明してなかったはず?


第5話「雨━。涙……」
まあ、はっきり言っちゃうと舞衣の弱さを見せちゃう回ですね。
Aパート冒頭の、気象情報からカーナビになる深優が笑える。
防げたかもしれない事故をみすみす見逃した自分。クラスメイトとのすれ違い。一気に脆さを楯の前で露呈する舞衣。ここで主人公としてのキャラクター造形をより深めた感じでしょうか?あと楯との恋愛フラグも立てた感じで。(4話もフラグたってますか)

後は、あかねちゃんがHiMEらしい事と、深優の謎な行動とか次の展開を暗示させてます。ああ~。(ToT)

私としては、この回は晶出ている時間が長くて嬉しかったですわ。って、1分にも満たないのですが・・・。でもその短い時間で忍者である事バラしまくっとりますが!服には手裏剣マークついてるし(尾久崎さんちの家紋ですか?)読んでる本には「葉隠」とか書いてあるし。
それと同時に「俺の陣地」発言に「そうだよな・・・、ほんの少し前まで小学生だったんだよな・・・」、「晶の後頭部はかわええな~」と和みました。
ちなみに初回視聴後、スポーツ用品店にてダンベルを探した阿呆は私です。一体、何キロのダンベルでトレーニングしてるんだよ、晶。そのトレーニングの成果が20話の「巧海お姫様だっこ」ですか??
あと、舞衣と巧海の会話シーンで「徐々に仲良くなってるよ」のセリフに「ああ~そうなるとキミの命がヤバイんだよぉう!でも仲良くなってくれないと晶のかわいさがよりでてこないしぃぃぃ~!」と、初回視聴時にもんどりうちました・・・。

映像特典「みことのいちにち」
命の天真爛漫さが良くでてますね。ってかパンチラ通り越してパンモロでんがな。

晶の総登場時間、5分くらいはあるように思ってましたが、実際には1分弱くらいでした。(爆)
私の体内時間には、きっと晶時間が出来ている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『舞-HiME』DVD vol.1視聴

既に観ているわけですが、再度観直しての感想とか何とかを。今、お休みですし。
誰もよんじゃいねーのになーとか思いつつ・・・。

第1話「それは☆乙女の一大事」
最初、本当に最初です。
アバンで鴇羽姉弟が出てきて、土座衛門命登場。曲と相まってインパクトあります。(笑)
で、フェリーが航行しているのって、どう見ても瀬戸内海ですよね・・・。波無いし、島多いし。あの橋は瀬戸大橋でしょうか・・・。何かえらく近場で起きてたんだなぁ・・・。

命、いかにも謎の少女。ミロクも謎の力を見せていきなり謎だらけ。
で、命に人工呼吸をしようとして楯が詩帆に思いっきり阻止されますが・・・、人の命が掛かってる時にまでヤキモチ妬く事もないでしょうが、詩帆。確かに楯の表情もやらしいので、止めた方が良かったかもしれないですが。きっと阻止されなかった場合は、寸前で命は息を吹き返し、楯に激しい頭突きでもくらわしたことでしょう。
結局、舞衣が人工呼吸して命にファーストキスを捧げたわけですね。おめでとう舞衣。(違)

その後はしばらくラブコメな展開が続きますね~。間で、HiMEの謎も提示されますが。
楯と詩帆の関係に舞衣が突っ込みたくなるのもわかる。そして楯がつい舞衣の巨乳に関心を持ってしまうのもわかる。理性で止めるべきだとも思うがな。(笑)

が、ラブコメも長くは続きません。なつき乱入!この辺りはまだかっこいいなぁ、なつき!(笑)
ここから、バトル開始!テンポも良くてかっこいいですねー。そして、普通人として巻き込まれた舞衣の反応は、当然といえば当然ですね。そりゃ放心状態にもなるよな・・・。(^-^;)
更にバトルで、フェリーまっぷたつ!!第1話からとばしてる!!
しかし、こっからの舞衣は開き直って(精神的に)強い強い!そのまま、またバトルに巻き込まれてついに能力の片鱗を現した!!う~ん、いかにも巻き込まれ方主人公!!!

最後は、一応学園モノだからか風華学園でシメ。このカットで、メインキャラ結構出てました。何度か観て気づきました。
本当に凝縮された話です。この1話で『舞-HiME』表してますね。本当に。
最初に観た時は、多少予備知識あっても「え?え?」でしたよ、はい。

映像特典「舞衣とはじめてのブラ」
タイトル見た時は、「どんな内容じゃい」と思いましたが、いい話でした。絵はいかにもサービスカットですが。


第2話「ヒミツの放課後」
この作品のサブタイトルは、決して間違ってはいないがそうくるかい。と言いたくなるタイトルセンスがステキ。(笑)

アバンは、生徒会役員の面々の個性をはっきり出してますね。この作品、キャラ毎の個性付けの表現の仕方とか好きです。(^-^)
第1話に続いて今回も、順調に舞衣と楯はラブコメフラグ立ててます。(笑)
鴇羽姉弟の、転入紹介シーンが出ますが、最初に観た時から晶が出た所で大コーフンしてました。1カットだけなのにね。更に何度も見返して・・・。ハハハ… あの、ふてくされた表情がこの時点での巧海への感情をを表してるのだと・・・。

千絵とあおい登場~。この二人もいい味出してますよね~。ここで既にあおい美少年好きを隠そうともしてないよ・・・。巧海と腕組んだまま離さないし。
で、またなつき登場~。男女問わず魅了しまくってますな・・・。すげーよ。
ここで、また人がいいと言うか何と言うか舞衣は心配して命探しに奔走なわけですね。命は命で、暴走最中奈緒と遭遇しますが、きっとお互いその後に会った時わかってないだろうな・・・。
途中の授業風景、何度か見て気づいたカズくんとあかねちゃんの授業中のメール。細かい!感心しないけど。

無事、命を保護し餌付けに成功するも、また逃げられまたもや奔走の舞衣。苦労人。巧海もうまい具合に罠にひっかかっちゃうし~!ああっ~!!ここから巧海の命がけの学園生活が始まるワケですな・・・。しかも、本人の知らない所で命かけられた・・・。とことん巻き込まれ方姉弟。血筋?
そしてそして遂に舞衣、覚醒!?で終わり・・・。
初回鑑賞時「え?で、どうなるの??1ヶ月待つわけ??」でした。はい。
特に「晶をもっと!!」と・・・。(死)

映像特典「風華学園へようこそ」
PRビデオ。時折妙なモノが削除されずに残ってますが?(笑)今回、改めて見直してわかった事。それは男子寮の映像が晶の陣地である事です!ヲイ!


大まかな話の流れ自体は知っていた状態で観た訳ですが、やっぱり実際観てみると楽しく観れました。
動いているのを観たのでは大分印象が違います。何度か観ているわけですが、今回観ても面白いです。はい。

でも、最初に観た時点で鬱展開になる事は知ってたんだよな・・・、確か。


あと、初回限定特典DVD。プロモーションビデオロングバージョンですが、こちらのショートバージョンは『アニメージュ』で観ていました。本日再度確認した所、このバージョン晶いねえ・・・。収録ありがとうです。
この時点では、舞衣は設定上巨乳ではなかったみたいですね?画像は揺れまくり~でしたが。あと、巧海が舞衣に負けず劣らずスキンシップ好きのようで。(笑)これはこれで観てみたかったかも。
声優さん達のコメントは、この時点で10話くらいとの事ですから今観てみると笑えたり引きつったりですね・・・。野川さくらさんのコメントが・・・。小林沙苗さんは、すごくコメントし辛そうでしたね。ものすごく言葉を選びつつコメントされてる。

さあ!次はvol.2行くかっ!!また明日っ!<ちょっと空しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思い込みとか何とか

つい最近まで「静留」を「静流」だと思い込んでいました。ごめんなさい会長。
なぜ、思い込んでいたかと言うと「しずる」と読ませる名前を「静流」で知ったせいかと。ちなみに、アーティストのおおたか静流さんですね。今では『にほんごであそぼ』内ヴォーカルの方が知られてるかもしれない。

『阿修羅姫』の歌詞にて、一箇所どうしても聴き取れないと言うか把握できていない箇所がありましたが、こちらもつい先日いきなりわかりました。
どこかと言うと「夜叉般若の顔」の「夜叉」部分・・・。アリカさん、多分アニメ観ていないだろうに、ヒロイン達がそんな形相する事をご存知だったのでしょうか??
ぜひ、フルバージョンがどのような歌詞になっているのか早く聴きたいものです。ウヒョヒョ

どんどん毒されている今日この頃です。何かと言うと。
・ご飯が足りない時迷わず「白むすび」を購入
・紅茶のシフォンケーキ購入
(ダージリンじゃなくてアールグレイ・・・つかダージリンはまず売ってない)
このくらいは当然ですか?

今悩んでいるのは、晶の誕生日は白むすびで祝うべきか、ケーキで祝うべきか。
10話を見る限りケーキ好きみたいだし。嫌いだったらまた「軟弱!!」って言ってるだろうから。
真剣に考えている事・・・。
晶のフィギュアが出ないので、いっそスーパードルフィーでカスタムしてしまおうか・・・。とか。(笑)お着替えも出来るし~。
ただ、お値段が・・・。あと、あのヘアスタイルがちゃんと再現出来るか・・・。他、自分で忍び装束他作らないと。
あ~、憧れてはいますがまだオーナーにはなっていないです。たまに見てうっとりしてます。(*^-^*)ヘヘー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜日のアニメ視聴

『交響詩篇エウレカセブン』第3話「モーション・ブル」
今日は、わりと覚醒していました。(^^;)
が、相変わらず内容を把握しないままで観ています。
とうとう、レントン月光号へ乗り込むことになるわけですが・・・。それにつけても、レントンとエウレカの会話が微妙にずれたままで進んでいく様が・・・、レントン不憫。でもマニュアルに頼るなよ。(笑)
月光号に乗り込んだはいいが、見事に夢崩れたって感じで終わりましたね。やたら所帯染みた船ですね・・・、空族との事なのでこんなものでしょうか?
最後に、エウレカの子供たちが出てきて愕然とするレントン・・・。
多分、面倒をみている孤児たちとかだと思うのですが。
次回、どうなるのでしょう?恋路は思いっきり子供たちに邪魔されそうで前途多難ですね~。月光号の中での役割も前途多難ですけど。
頑張れレントン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »